そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

スポーツの残酷さ(3676)




私の指導する高校は準々決勝で敗退し、

残念ながら甲子園出場はなりませんでした。

考えてみると、

野球は(に限らず団体スポーツのほとんどは)残酷だなあ

と思うことがあります。

それは、出場すら叶わないことがあるからです。

テニス(に限らず個人スポーツは),、一部制限があるものの、

試合に出ることはできます。

それも実にたくさんの試合に出ることができます。

でも、野球は違います。

高校野球で言えば、

高校生のうちに参加できる大会は、5大会です。

もちろん、ベンチに入れる人数は限られているので、

一度も公式戦に出場したことのない選手もいるわけです。

そうであっても、

苦しい思いをしながら野球を続ける姿は美しいとは思いますが、

その内心の悔しさを思うと、心苦しくなりますね。

でも、常にメンバーになるための競争にさらされ、

そのプレッシャーがあることで人の能力は高められる、

という側面もあります。

野球のトレーニングを指導していて感じる心地よさは、

その意識の高さです。

常に競い合う意識があるから、

自分を高めようという意志が高まります。

テニスの子どもたちにちょっと足りないものはこれかなと思います。

3年生は引退し、退寮していきました。

寂しい思いもありますが、

これから先もずっと野球をがんばってほしいなあと思います。

もうすでに新チームとしての新しい戦いが始まっています。

競争は熾烈です。

でも、そこにスポーツの素晴らしさがあることを知って、

気合いでがんばってほしいですね。

私もがんばります!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
スポンサーサイト

場を超える力(3667)




アメリカ遠征を終えて、今日、帰国の途に着きます。

みなさん、無事を祈っていてくださいね(笑)。

まあ、色々なことがあり、

今回の遠征でも感じることはたくさんありました。

一番感じることは、「場」を越える力がないと強くはなれない、

ということです。

いつも言っていることですが、

人は「場」に支配されます。

知らない場所や緊張感の高い所では、

身動きとれなくなってしまいます。

いわゆる周りの雰囲気に飲まれてしまうということですね。

そうなると、自分のすべきことを見失ってしまいます。

それが経験をプラスにできない、

一番残念な対応じゃないかと思うんです。

もちろん、この支配力は強力なので、

簡単には越えられません。

でも、強くなっていった人は、

間違いなくこれを越える力を持っていました。

そこがターニングポイントなんですね。

また、「場」の支配を越えるには「個」の力を高めなくてはならないので、

それが自己中心的な振る舞いにつながることもあります。

それが感情的な行動にもなって非難されることもあります。

やっぱり大切なのは、そのバランスなんですが、

「個」の力が弱いと、

何も変わっていかないというのも事実だと思うんです。

だから、何度もチャレンジしなければなりません。

自分がどうなりたいのかを明確に意識できなくてはなりません。

今までの自分を変える、越えるという強い意志も必要です。

そうやって強くなっていく子どもたちをサポートする、

そんな仕事を続けていこうと思います。

帰ってから、日本の蒸し暑さや時差ボケに悩まされるとは思いますが、

気合いでがんばります!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

試合の中で成長する(3666)




試合の中で成長する子と、そうでない子はいます。

成長する子は、めっちゃ強気、という子もいますが、

(その成長は遅くとも)着実に成長しているなあと感じる子は、

「勇気」のある「素直」な子かなあと思います。

試合は(同じ程度の技量であれば)、

ショットの良し悪しだけで決まるものではありません。

その場その場の「選択力」や、

相手の弱点を見抜く「洞察力」とそれにもとづく「戦術」、

ぞという時の「強気」なショット、

などが勝敗を左右します。

でも、それにはなかなか気づかないですね。

だからコーチが必要です(多分・・・汗)。

でも、ちゃんと聞く耳を持っていないと、

それを必要だと心から感じていないと、

試合の中で試してみようとは思わないわけです。

そうすると、それは「いつも通り」ということですね。

成長はあまりありません。

だから、素直に聞いてくれるように、

ちゃんと理解できるように説明する必要はあります。

そして、それを実際にやってみる・・・

言うのは簡単ですが、

それを実際の行動に起こすのは大変「勇気」がいります。

これは大人でも誰でも同じです。

「今まで通り」を超えるのは「勇気」がいるので、

行動しない人のほうが圧倒的に多いです。

行動しないでおいて「こうすれば良かった」は、

一番成長を妨げる考え方だと思います。

成長とは、「今までの自分を変える」ことに他なりません。

だから、まずは「素直」に聞いてみる、

そして、納得したら、

怖くても、逃げ出したくなっても、

実際にそういう緊張感の中でやってみる、

それが成長していくということだと思います。

国際大会などの大会に参加すること、

海外に遠征に行くことなどは、

その「感性」を高める機会になります。

そうやって成長していくのを見るのが、

コーチとしての何よりの楽しみです。

これからもその楽しみが増えるようにサポートしていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

偶然の出会い(3665)




こうした遠征を通して、子どもたちは多くの経験をします。

もちろん、それはコーチも同じです。

特に、コーチとして、たくさんの遠征を経験をする中で、

「偶然の出会い」は、その経験値を高めてくれます。

今回の遠征でも、ある方の突然の来訪がありました。

もう、ほんと、びっくりです。

でも、それも、たくさんの遠征を経験し、

積極的に活動してきたことで起こる

「偶然の出会い」によってもたらされるもの、

だと強く感じてます。

私のように、選手としてのキャリアも、

コーチとしてのキャリアも大したことのない者にとって、

この「偶然の出会い」は、

視野を広げ、イメージを豊かにし、自信が持てるきっかけになる、

そんな大きな経験になると思います。

もちろん、そのためには、積極的に動くことが大切です。

「偶然の出会い」を期待するのではなく、

ただ子どもたちのためにがんばる、

そんな純粋性を持ってただがんばっていると、

思いもかけない「偶然の出会い」がある、

そんなものかなと思います。

今回は、そんな出会いもあって、

私にとってより充実した遠征になりましたが、

まだまだ続く遠征が、子どもたちのより良い経験になるように、

気合いでがんばっていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

チャレンジ(3664)




「自信がない」、と感じる子どもたちほど、

海外にチャレンジしてほしいと思っています。

それは、「怖い」からですね。

テニスの技量が大したことないのに、

「それで海外?」と考えてしまいます。

「もっと強くなってから」、とも思いますね。

昔、そう言って海外への遠征を躊躇した子がいます。

その時、私は

「強い子がチャレンジするんじゃない、チャレンジする子が強いんです」

と強く諭したことを思い出します。

その考えは今も変わっていません。

ギネスに登録された伊調選手が、

将棋界で29連勝の記録を打ち立てた藤井4段の感想を聞かれ、

「きっとチャレンジする気持ちを持ち続けているからですね。

14歳でそれを持てるのはすごいと思います」

と感想を述べていました。

伊調選手は、「チャレンジャー」でいることの難しさを知っているんですね。

だから、そう言ったんだと思います。

人はうまくいかないとチャレンジを忘れます。

うまくいきすぎていてもチャレンジを忘れます。

「もうこれでいいや」とか、

「これからがんばってもそんなもんだろう」、

なんて考えに偏ってしまうと、

チャレンジを忘れてしまうということですね。

それは、私も同じです。

「もうこれぐらいでいいんじゃない」、

と思い始めるとチャレンジ精神は失われ、

「今をよし」と自分に言い聞かせるように(ごまかすように)なってしまいます。

そうならないために海外に出るし、

子どもたちに出るように勧めます。

成果を求めるのではなく、

「いつでもチャレンジする自分であってほしい」、

そんな願いを込めています。

そんな考えが持てるといいなと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう