そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

記憶と記録(3075)




子どもたちは、環境にも、練習のスケジュールにも慣れ、

ここでの練習をエンジョイできているように思います。

でも、それが大切な「緊張感」を奪ってしまうことにも繋がるので、

さらに集中力を高めてがんばってほしいと思います。

私は何度も子どもたちを連れて遠征に出ていますが、

本当に日本の子どもたちは、真面目で、一生懸命だと感じます。

団体での行動もコントロールでき、

ミーティングではきちんとノートもとります。

素晴らしいことですね。

でも、それを、

本当に「自分のもの」にしているのか、

というとそうではありません。

昨日のミーティングで、

「今回の遠征で、コーチが話した内容はどういうことですか?」

と聞いてみると、答えはあいまいです。

「ノートを見返す人はいますか?」

と聞いてみると、誰もいません。

子どもたちは、ノートに「記録」することで満足し、

ちゃんと「記憶」していない、ということです。

学校の授業みたいなもので、

ノートをとることが目的みたいになっているのだと思います。

でも、勉強のできる子は、

そこから大切なことだけをきちんと「記憶」します。

そして、新しい知識を得る時には、記憶にあるものと関連づけながら、

効率的に記憶して知識を深めます。



テニスでも同じですね。

ちゃんと「記憶」しているからこそ、色々な解決策を考えつきます。

不安な状況になっても、

過去の経験が「記憶」されていれば、不安は小さくなります。

初めて入るお化け屋敷は不安や恐怖がいっぱいですが、

何度か経験すると、予測も準備もできるので、

不安や恐怖は小さくなります。

それと同じようなものですが、

前に入った時の記憶がなかったら、

毎回同じような不安や恐怖が襲いますね。

だから、子どもたちは、

「記録」ではなく、「記憶」の重要性を説きます。

極端に言えば、ノートは必要ありません。

試合後のシートも必要ありません。

自分が大切だと感じたこと、

「こうするんだ!」という強い決意、

何をすれば強くなるのかという自分なりのアイディア、

心に残ったアドバイスなどを、

ちゃんと「記憶」することです。

どうしても忘れたくないことを、

強く心に留めるために、ノートに「記録」し、

見返して、より深く「記憶」します。

そうやって「強さ」を身につけていきますが、

多くの子どもたちはそういう応用が苦手です。

でも、少なくとも、この遠征が、

強く心に「記憶」されるようにサポートしていこう思います。

来週は、25度を超える夏日らしいです。

スペインの熱い日差しを浴びて、気合いで頑張ります!
スポンサーサイト
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう