そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

リスクリワード(3632)

DSC_1897_20170517064316f11.jpg


「戦術」に対する理解がないと感じることは多いです。

単に強いショットを打てば勝てるほど甘くはないですね。

もちろん、そのショットのレベルに差があれば勝てますが、

それが同等のぎりぎりの勝負では、

「戦術」の優れている方が勝つのが道理です。

まあ、テニスはネットを挟んで対峙するスポーツではもっともコートが広く、

そして、技術の数も多いので、

「戦術」を立ててもまずは技術がないと、と考えてしまいますが、

そうではありません。

自分の中に明確に「こうやって攻める」という戦術がないと、

ちょっとショットが乱れると焦って、

とたんに調子が崩れてしまうからです。

そうなると、多くの子どもたちは無謀だと思えるようなショットを連発します。

リスクの高いショットばかりを打つようになるってことですね。

たまには素晴らしいエースになりますが、

重ねていくとミスのほうが多くて、結局は自滅です。

そんな状態の時は、エースを取っても実につまらなそうな顔をしますね。

そうならないための「戦術」です。

色々な「戦術」がありますが、

まずは自分のリスクを小さくすることを考えることです。

ギリギリのワイドやダウンザラインに打つのは、

当然ミスが出やすいです。

だから、センターを狙って打つことです。

ネットも低いし、多少ミスコントロールがあってもコートには入ります。

相手のショットが角度をつけて返ってくる確率も下がりますね。

それだけ「安心して」ショットを打つことができます。

その「安心感」が、チャンスを生むんです。

そういう心に余裕がある時のほうが

チャンスボールをポイントに繋げられる確率は上がります。

そうやって戦うことです。

ビジネスの世界で、「リスクリワード」という言葉があります。

自分が賭けるリスクと得られるリワード(利益)を常に考えて、

リワードが高くなるように「戦術」を持つことの重要性を説いています。

それは、テニスでも同じだということです。

他にもリスクが少なく、

ポイントが取れる確率が高くなるという戦術はたくさんあります。

それを理解し、ちゃんと「戦術」を持って戦うことです。

それができれば、今よりも強くなれると思いますよ。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう