そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

「コーチとしての思い」を高める時(3645)

DSC_5031_201706050701422f2.jpg


週末は、全日本ジュニアの県予選が行われました。

この試合で負けて「引退」という選手も多いのではないでしょうか。

そんな試合が、練習なしの1セットマッチで行われるのは、

いつもながらに憤りを覚えますが、

それは「悔い」が残るからです。

十分に力を発揮できないままでテニスを辞めていく、

それが悔しいんです。

幸いにも私のアカデミーの生徒の引退は、もう少し先になりましたが、

知っている子どもたちが寂しそうにコートを去っていくのを見るのは辛いものがあります。

それと同時に、うまく力を発揮できないのを見る時

(それは、やはり高校3年生に多いですが)、

コーチ」という存在について考えます。

果たして子どもたちにとって「コーチ」という存在は必要なんでしょうか。

スクールの先生としてはもちろん必要でしょうが、

単に練習の場を与えるということであれば、

コーチ」は必要ないのかもしれないと考えてしまいます。

一生懸命に考えてアドバイスもしますが、

それが子どもたちの能力を高めるために役立っているのかというと、

明確に確信というものはありません。

その「経験値」を高めるためにたくさんの経験をしてきました。

20ヶ国以上の国に試合に行きました。

グランドスラムも見に行きました。

プロ選手のサポートもしました。

遠征なんて数限りないほど行いました。

それでもうまく力を発揮できないのを見る時、

確信を持って「俺はコーチだ!」と言えなくなってしまうんですね。

まだまだ力が足りないと感じることも多いし、

信頼されていないと感じることも多いです。

でも、そう思うからこそ頑張る気持ちが湧いてくるということもあります。

だから、この時期は「コーチとしての思い」を高める、

そんな時だと思うんです。

コーチ」として生きていくために大切な時なんですね。

気合いで頑張ります!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう