そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

自分を裏切らない(3287)

DSC_2430.jpg


「感情」をコントロールすることが大切、と何度も言っていますが、

簡単じゃあないですよね。

自分のプレーが乱れるだけならまだいいと思いますが

(時にはそういうことも必要であることは理解しています)、

周りに不快な感じが生じることもあるので、

何とかコントロールしなければならないと思います。

そういう時は苦しい感じが大きいですが、

何とか耐えてコントロールする訓練は、

強くなるためにはやっぱり必要だと思うんです。

ある本に、「自分を裏切らない」ことで「感情」をコントロールする方法について、

夫婦の事例が紹介されています。

・・・・・

妻よりも早く帰って、洗濯物に気づいたとき。妻が洗濯物を取り込まなくてもいいように、自分がそれをしようと考えます。

そして次に何をするか。選ぶことになるのです。

・自分が感じたことを尊重して、洗濯物を取り込む

・自分が感じたことを裏切って、洗濯物を取り込まない

自分が感じたことを尊重して、洗濯物を取り込んだときは良いのです。

問題は、自分を裏切ったとき。

つまり取り込まなかったときです。

何が起こるか。

自分に言い訳をするのです。

・疲れてるんだ

・忙しい

・僕の仕事じゃない

・いつも手伝っている

そして、妻について、こんなふうに思い始めるのです。

・悪い妻だ

・だらしない

・取り込んだところで、お礼も言わない

・余計なことをすると、文句をいうかもしれない

自分を正当化しようとするようになるわけです。

同時に、相手へのイライラが高まります。

この状態を本書では「箱に入っている」と言います。

こうなると、何をしてもうまくいきません。

自分を裏切らないほうが良いのです。

・・・・・

私は結婚してから一度もケンカしたことがありません。

きっと、それは、自分が「気がついたこと」はさっさとやってしまうからだと思います。

だから、相手に対してイライラする事もなかったということかもしれませんね。

「自分を裏切らなかった」ということです。

そういう考え方は、きっとテニスにも役立ちますね。

もちろん、夫婦ゲンカをしないためにもです(笑)。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう