そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

自己決定力(3308)

DSC_2650-001.jpg


昨日の練習のことです。

手出しのボールの練習の時、あまりにネットが多いので、

ネットをしないように優しく(笑))、

笑顔で指導しました(竹中直人の得意な笑顔で怒るってやつです)。

で、その練習はもちろんやり直しです。

で、ふと隣のコートを見たら、なんか一生懸命ジャンプしている子がいます。

「なんで跳んでるの?」

と聞いてみると、

「ネットしたらダブルニージャンプ5回跳ぶんです!」

と答えます。

なんと、自主的に罰ゲームを決めてやってるんですね。

感心しました。

うちの子たちは確実に成長しているようです。

こうやって、自分たちで物事を決めて行動していくことを「自己決定力」と言います。

誰からも強制されるのではなく、自分たちで決めたことなので俄然やる気は出ますね。

モチベーションの理論でも、

「自己決定権」を持つことが集中力を高めることにつながることが分かっています。

その子たちの練習は、大変集中力の高い、良い練習ができていました。

私が素晴らしいと思うのは、その罰ゲームをすることを、

例えば「自分たちで何か罰ゲームを決めてやりなさい」とコーチに指示されて決定する、

誘導型の自己決定というようなものではなく、

何も指示されなくても、「自発的」にそういうことを決めて行動したということです。

多くの子どもたちは、指示を待っています。

基本的にコーチがマネージメントするのでそうなりますね。

だから、「自己決定権」も少なく、

それが高いモチベーションにつながらない、

だら~とした練習になることも多いかと思います。

だから、時には「自主練習」を取り入れたりしますが、

今回は、そうした誘導が一切ない中で、

自分たちで考え、それをみんなでちゃんと実行できたということです。

普通は、その中かの誰かはその輪に入らないものですが、

全員が「おい、ちゃんと跳べよ!」と声をかけながら、

いつも以上に集中して練習をしていたことを素晴らしいと思います。

こうした成長に感動しつつ、

子どもたちのモチベーションが高まるような練習を考えていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう