そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

ゴールデンエイジ(3309)

DSC_2903.jpg


子どもたち、特にチビッコたちのマッチ練習を見ていると、その成長に驚かされます。

ついこの前まではラケットにボールを当てるのがやっと、というような状態から、

一端のプレーヤとしての成長を感じるようになるまでは、本当にあっという間です。

そうなる要因にはいくつかあります。

よく言われるのは、「ゴールデンエイジ」です。

この時期は、神経系の発達が著しいので、

空間認知能力、力やタイミングなどの調整能力が短期間で向上し、

それがパフォーマンスの向上に繋がる、というものです。

確かにそれはあると思います。

だから、適切な感覚を作り出すためのプログラムには気を使います。

一番気をつけていることは、たくさんボールを打つ時間を作ることです。

感覚は刺激の多さに比例して向上するので、

とにかくたくさんボールを打つことにこだわるわけです。

子どもたちの練習では、ボール出しも子どもたちにさせるようにすることが多いのは、

そういう理由です(コーチがサボりたいからではありません!)。

でも、子どもたちの様子を見ていると、それだけではないような気がします。

やっぱり、気持ちの持ちようというか、モチベーションが一番大きな要因ではないのかなと感じることは多いです。

テニスがしたい!」と強く思うということです。

チビッコたちは、練習開始時間のかなり前から来て、勝手にコートで練習(遊び?)をしています。

その数はどんどん増えています。

初めのうちはちょっと尻込みして中に入っていけなかった子が、慣れてきて仲間に加わり、

楽しそうにテニスをやり始めると、テニスの技術は驚くほど向上します。

それはもうびっくりです。

コーチの指導はもちろん大事ですが、

こうやって「テニスがしたい!」という気持ちが高まることが何よりの刺激になるということですね。

その気持ちが高まるような雰囲気を作ってあげたいなと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう