そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

ミスの分析(3315)

DSC_2906.jpg


弱い選手は、同じ「ミス」を何度も繰り返します。

同じ「ミス」を繰り返さないための「仕組み」を自分の中に作り上げない限り、

何度も何度もやってしまいます。

前にやったところと同じところでまた同じ「ミス」をしてしまうんです。

それが自分の「プレーのクセ」だったり、自分の「ウィークポイント」だからです。

そうれを防ぐためには、「ノートをつける」という事です(栄一郎はちょっとやり過ぎかも(笑))。

「ノート」を定期的にパラパラと見直せば、

自分がどういうプレーをしているのかを、

「客観的に見れる」ようになります。

そして、同じような「ミス」を繰り返さないように、

自分がどこで「ミス」をしやすいか、

自分の「ミス」や「プレーのクセ」を知る事が出来るようになります。

なぜなら、「自分のプレー」が「ノート」の中にきちんと記録されているからです。

でも、それを見直す人は少ないですね。

書いておしまいの人が多いです。

だから、同じ「ミス」を繰り返すんですね。

そういう習慣がなくても強くなる人はもちろんいます。

でも、そういう人は例外なく高い「意識」でプレー出来ているので、

自分のプレーをちゃんと「記憶」できます。

これが「強さ」を産みます。

そうでない人は、「記憶」の補助として、

「記憶」を強化するツールとして「ノート」を活用したらどうかと思うんです。

実は、トップ選手でもこういう活用をしている選手は多いです。

以前に、世界で活躍するトップ選手が、

練習では何度も「ノート」を見返し、自分を奮い立たせるために、

自分のプレーを分析するために活用していることを紹介しました。
こういう選手が多いということです。

そういう「意識」がないと、強く「記憶」することはないので、

また同じ「ミス」の繰り返しになってしまいます。

同じようなアドバイスを何度も何度もするのはちょっと面倒なので、

ちゃんと「記憶」し、同じ「ミス」の繰り返しを防ぎ、

プレーの質を高めて強くなってほしいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう