そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

不平等(3348)

DSC_3520.jpg


ちょっと前に「権威主義」について書きましたが、私がもっとも注意していることです。

「権威主義」は、

「少数派や自分より下位の者には無条件の服従を要求するという側面を持つ。」

ことなので、

自分の意見を無理やり通そうとしたり、強制したりすることをよしとすることです。

これはコーチとしてのスタンスとしてはもっとも望ましくないですね。

教えるという立場にいると、そんな感覚になってしまうことは多いですが、

そういう感覚が強いと、お互いの立場が「不平等」になると思うんです。

昔、私が自分の子どもを厳しく叱って、手をあげそうになった時、カミさんが、

「手をあげては絶対ダメ!

もし、同等の立場だとして、相手からの反抗もあり得るとしたら、

きっと簡単には手をあげないでしょ?

この子は反抗することはできないんだから、

あなたが手をあげるのは不平等よ。」

と諭されたことがあります。

「なるほど!」と思いましたね。

親は子どもから見るとある意味脅威です。

自分を強制する存在です。

その感覚が強いと、

「思考の柔軟さや独創性などが特に抑えられ、子どもの創造性は乏しくなる」

ことにつながるので、いつも「同じ立場で」と考えるようにしています。

そんなことに気づかせてくれたカミさんには感謝しています。

もちろん、そうした考えがコーチとしてのスタンスにも影響しています。

手をあげたことは一度もありませんが、

感情的になって、一方的に押し付けることは極力しないように、

一歩引いて冷静に状況を判断するように心がけています。

人間なので、感情を完全にコントロールすることはできませんが、

「平等である」という意識を強く持って指導していこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう