そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

夢の途中(3359)

DSC_6075.jpg


もともとテニスコーチになるつもりはなく、

ずっと教員としてやっていこうと思っていた私ですが、

ある時、前デ杯監督の竹内さんと一緒にセミナーをやらせていただく機会がありました。

私がスポーツ科学、竹内さんが世界のテニス事情について講義を行うものでしたが、

テニスの世界」をよく知らなかった私にとって、竹内さんの話は大変興味深く、

それと同時に何も知らないことが何となく気恥ずかしく思えました。

そこで、「どうしたらいいですか?」と率直に聞いてみたところ、

「アメリカに行きなさい」ということでした。

当時は、ヨーロッパテニスが全盛で、

「何でアメリカなんだろう?」と思いましたが、

「アメリカには多くの選手が集まり、情報もたくさんある」とのことでした。

「なるほど!」と「腑に落ちた」私の「衝動」は抑えることができませんでした。

これが大きな「転機」になりましたね。

すぐに渡米の準備を始めました。

たくさんの情報を集めるためには、多くのアカデミーやクラブを回る必要があると思いましたが、

アメリカは広いです。

どうしようかと考えていると、周遊航空券の存在を知りました。

これは、ある航空会社の太平洋路線のチケットを買うと、

5万円ぐらいで乗り放題の周遊航空券が購入でき、

席が空いていれば、何度でも飛行機に乗り放題という大変ありがたいシステムです。

今もあるかどうか分かりませんが、これは大変助かりましたね。

何度飛行機に乗ったのかわからないぐらい、

夏休みの2ヶ月間ぐらいを利用して、アメリカ中を旅しました。

英語ですか?ちんぷんかんぷんです。

ある程度は読めますが、会話となるとさっぱりです。

それでも、筆談とボディランゲージと気合いでなんとかなるもんです(笑)。

ひとつのクラブに行って話を聞き、そこで次のクラブやアカデミーを紹介してもらって、

そこを訪ねて行く事を何度も繰り返しました。

うまく話せないので、自分の聞きたいことをメモにまとめて読んでもらえるように準備もしました。

緊張感もあってよく寝れません。

レストランに入って注文するのにも勇気がいって、ハンバーガーばかりです(笑)。

それでも、「衝動」は抑えられませんでしたね。

「アメリカに行くんだ!」という強い思いが支えでした。

もちろん、くじけそうになる時もあります。

そんな時に、自分をさらに奮いたたせる出来事があって、

米国に渡る決意のようなものがさらに高まりました。

その出来事とは・・・。

続きは、また明日(笑)。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう