そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

根拠(3369)

DSC_6509.jpg


昨日は、ちょっと難しい話でしたが、

ようはたくさん本を読んで、勉強しないといかん、

という話です。

私は、「根拠」の無い指導は嫌いです。

自分の感覚だけで指導すると、

それにそぐわない状況を認めることができないことが多くなります。

「つべこべ言わずにこうやればいいんだ!」

的な指導を見かけることもありますが、

そうならないようにしたいということです。

「根拠」を示すことは大変です。

「これでいいだろうか?」といつも自分に問いかける姿勢を持っていないと深まってはきません。

それが浅いと、自分の感覚だけを頼りに、

適当な考えを当てはめて指導することになります。

私は、そうした曖昧さを持つことが嫌だということです。

だから、今でもたくさん本を読むし、ネットでの情報収集は欠かしません。

もちろん、それは効果的なアドバイスをいつも行うということではありません。

指導においては、時には、何も言わずに放っておくこともあるし、

ただひたすら追い込むような練習も必要です。

でも、その選手がどう技術を高め、能力を向上させるのか、

そのためにどうすればいいのかという「根拠」は明確に持っています(持つように努力しています)。

私がこう考えるようになったのは、

大学院で修士論文のテーマを考えている時、

コーチのアドバイスは本当に効果があるのか?」

と問われ、明確に返答できなかったという経験があるからです。

それまでは自分の感覚に頼って指導してきて、それなりに自信がありました。

でも、測定の結果は自分の予想とは大きく違うものでした。

その時から、コーチのアドバイスについて深く考えるようになりました。

たくさん本を読みました。

海外のテニスに関する文献も読み漁りました。

そんな経験の中から、少しづつ指導の「根拠」を深めていったということです。

まあ、指導の「根拠」が明確でも、

単に感覚だけで指導される場合も、

同じような指導やアドバイスになることもあるし、

成果に違いが無かったり、

感覚的な指導を受けた選手のほうが成果を出すこともあります。

でも、「これでいいのか?」と問われた時、

ちゃんとその「根拠」を明確に示すことができるように準備をするというのがコーチだと考えます。

先に書いたように、「根拠」を示すことは大変です。

そのことに対して、自分自身が興味や関心を持って、

より深めていこうという姿勢を常に持っていないといけないからです。

でも、子ども達がより良く上達し、成果を上げられるように、

これからもずっとその姿勢を崩さないようにしたいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19」
    2017年8月開催予定
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年春に来年開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • プロバイダーの変更に伴い、
    以下の関連グループの
    ホームページのアドレスが
    変更になります。

    ●ロングウッドジュニアテニスアカデミー
    http://tslabo.web.fc2.com/longwood/
    ●トレーニング科学研究所
    http://tslabo.web.fc2.com/tslabo/
    ●トップジュニア委員会
    http://tslabo.web.fc2.com/top-junior/
    ●テニスコーチング研究会
    http://tslabo.web.fc2.com/tennis-coaching/
    ●若鳩インドア
    http://tslabo.web.fc2.com/wakabato/
    SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう