そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

特異性の原則(3390)

DSC_5031.jpg


トレーニングの原則に、「特異性の原則」があります。

これは、「意識性の原則」とともに大切な原則ですが、

個人やスポーツの種目によって「特に異なる部分」をどう活かすのかということです。

コーチには、この「特別に異なっている所」に気付く能力が求められます。

これを「カン」とか「ひらめき」と言う時もありますが、

ただ「単に思いついた」というのではあまり意味は無いかもしれません。

ニュートンが落ちるりんごを見て万有引力を発見したという逸話は有名ですが、

それは「いつもいつも考えていた」からです。

そのために必要な知識を沢山持っていたからです。

「ひらめき」は持っている知識の蓄積によって、

それが正しい方向に導くものかどうかの確率が変わります。

もちろん、単なる「ひらめき」であっても、効果的に上達に導くことはあります。

でも、コーチはその「確率を上げる努力」が必要なのではないでしょうか。

ちょっと前のスタッフミーティングで、

なぜ知識的なバックボーンが大切なのかということについて話をしました。

親切なおばさんが「こうすればいいのよ」と言ったことと、

専門的なカウンセラーが言ったことが「同じ」であっても、

きっと専門カウンセラーは「なぜそうなのか」について、「ちゃんと説明」できます。

違う事例に遭遇した時には、「ちゃんと違う対処」ができます。

街角おばさんは、「わたしはこうやってきたのよ」、「みんなそれでうまくいったわ」と、

きっと同じようなことしか言えません。

だからといって、効果が違わない場合もありますが、

コーチという仕事は、どんな「特異な状況」にも、

ある程度対応できるように訓練を積むということではないかと説明しました。

人はみなそれぞれに「個性」があります。

それが「個性」なのか、「クセ」なのかを見抜く能力、

その「特異な才能」を伸ばすための手段を思いつく「ひらめき力」、

そして、それを「ちゃんと説明できる豊富な知識」、

そんなものが求められるのではないでしょうか。

まだまだ足りませんね。精進します。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう