そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

最後は気合い(3392)

DSC_5005.jpg


私はよく「気合いで!」と言います。

でも、「気合い」とは、「気を合わせる」ということで、

「ガッツ」とか「根性」とはちょっと違うんですね。

ある本に、

「気合いとは、カーッと気持ちを高ぶらせることではなく、気を合わせる、結び合うことだよ。

覚悟するとか、まさに気を入れる気合いの意味と重ね合わせて、

さらに気を合わせて、勝とう!というチームが強いということです。」

と書いてあります。

ある目標に向かって、「一丸となった意識の高まり」が強さを生むということですね。

でも、個人スポーツでは、「チーム一丸」といったような「気合い」というものはないので、

「ひとりで戦う覚悟」の高さが求められます。

これが「気合い」です。

テニスはあらゆるスポーツの中で、もっとも「孤独なスポーツ」だと言われます。

それはこういう意味です。

だから、それに耐え切れなくて、早くにリタイヤする選手も多いです。

だから、「気合い」で戦う訓練をする、

テニスには「それ」がもっとも重要だからです。

その本には、

「ラグビーの試合では監督は基本的 にグラウンドに下りません。

観客席から試合を観ることになり ますが、

これにはさまざまな理由があるものの、一番大きな理由は、

ラグビーが、選手たちが自分で考え、行動するスポーツだ からです。」

とも書いてあります。

テニスはもちろんそうです。

試合中にコーチがアドバイスをすることは許されません。

だからこそ、「自分で考え、行動する力」が大切なのです。

それが「気合い」を産みます。

私が「気合いで!」と言うのは、そんな思いを込めています。

「気合いだ!気合いだ!」を連呼するプロレスお父さんも、きっとそんな思いを持っていますね。

今日も「気合いで!」と言い続けます(笑)。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう