そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

対話する力を鍛えろ(2415)

DSC_4211.jpg

行動力を鍛える第一歩として、自分の考えていることをきちんと主張できるかどうかがとても大きな要因となる。

今まで指導してきた選手で印象に残った選手がいる。

今はプロとして活躍する近藤大生選手である。

彼に、

「フォアハンドストロークにおける切り返し動作をより素早く行うためには、何を改善しなくてはならないのか」

について説明をしたとき、何度もしつこく質問し、

「自分はこう思う」

と敢然と主張してきたことを思い出す。

彼にしてみれば、自信を持っていたフォアハンドについての問題であったので、自分なりの考えに自信を持っていた。

それを改善するように薦められても、容易に受け入れることができなかったのだろう。

しかし、そうしたことをきちんと主張してくれたことで、

彼がどのような考え方を持って取り組んでいるのかがわかり、

私の問題意識と彼の問題意識のどこにずれがあるのかが明確になったことで、

その後の指導がとてもやりやすくなったことを覚えている。

指導してもらう者に対して質問を浴びせることは日本人にはなかなか難しい。

その点について、中島義道(「対話のない社会」PHP新書)は、対話の重要性を語り、なぜ日本では対話が成り立ちにくいのかについて考察している。

その中で、

「<対話>は、相手を議論で打ち負かすことではないが、

さりとて相手の語ることに同意し頷くことではない。

むしろわからないことを「わかりません」とはっきり言うこと、

相手の見解と自分の見解との小さな差異を見逃さず、

それにこだわり、「いいえ」と反応することである。」

と述べている。

近藤選手は、まさに、

「相手の見解と自分の見解との小さな差異を見逃さず、それにこだわり、「いいえ」と反応した」のである。

このように対話が行われれば、お互い小さな差異を確認しながらより深い理解につながっていく。

新しい発見も多いはずである。

しかし、

「<対話>は個人と個人とが「生きた」言葉を投げあうことであるから、人生を丸ごと背負って語ること」(同)

なので、お互いに真剣にそのことを考えていなければ、対話は成り立たない。

真剣にそのことを考えていないものは、ただ押し黙るしかないのである。

また、対話は、

「場の雰囲気」

によっても左右されるので、選手が自分の考え方を主張できるような「場の雰囲気」を作ることが大切である。

このような場を作り出すことで選手の対話能力が向上し、行動力を高めることにつながるからだ。

そのためには感情をコントロールして接することは最も重要である。

間違っても、

「てめえ、俺の言う事が聞けないのならでていけ!」

と星一徹のように怒鳴り散らして、ちゃぶ台をひっくり返してはいけないのである。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう