そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

スタンダード(3407)

DSC_6403.jpg


昨日は、アメリカ在住で、テニスに関する情報を発信している方の取材を受けましたが、

話をしていて一番感じることは、

「日本はテニスのスタンダードからかけ離れている」

ということです。

その方は、初めて砂入り人工芝コートを見たそうですが、これも日本独特のことですね。

「日本のジュニアの試合は、1セットマッチで行われることがほとんどなんです。」

と言うと、

「1セットでどうするんですか?」

と聞き返されました。

まあ、そうですね。

そういう試合を一度も見たことがないので、そう感じるのは無理もありません。

試合に行っても練習コートはない、

試合前の練習はサービス4本や3分なんてものがあることも理解できないそうです。

不思議ですね。

どうしてこうした文化が日本にあるのでしょう。

テニスというスポーツに対する考え方や、文化的な発展でそうなってきたのでしょうが、

状況に応じて改善していくのが普通で、

それは「スタンダード」に向かうべきものです。

でも、実際はそうではありません。

全日本ジュニアでも試合前の練習コートが用意されないことがあります。

地域大会では3分間のウォーミングアップ、8ゲームマッチで行われることが多いです。

インターハイでも、全国中学生大会でも8ゲームマッチで進行します。

試合数が多くて進行が難しいというのであれば分かりますが、

午後の2時過ぎに試合が終わって、練習コートとして開放されるのはどう考えてもおかしなことです。

もし、こうしたことしか経験できないのであれば、

それが「テニスの世界」だと思い込んでしまうこと、

それがコーチとしては納得できないということです。

だから、子ども達に「世界」を見せてあげたい、

テニスの「スタンダード」が何かをちゃんと教えていきたい、

それがコーチの思いです。

そして、「テニスの世界」は大きく広がっていて、

その「世界」に憧れて、

もっともっとテニスを頑張る気持ちが高まるように活動していこうと思います。

来週からはアメリカ遠征です。

子ども達のわくわく感が広がっていくような経験になればいいですね。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう