そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

アレルギー(3413)

DSC_2385.jpg


花粉症で、目が少し痒くて体がだるいです。

これは一種のアレルギー反応で、

アレルギーとは「免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。

免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、

生体にとって不可欠な生理機能である。」とされています。

なくてはならないものだけど、過剰に反応すると困るということですね。

なんでこんなことを言うのかというと、

「大島コーチでも花粉症なんですか?」という疑いを払拭するためと、

「可哀想ですね~」といたわってもらいたいからです( ー`дー´)キリッ

・・・ということではないですが、

「私、ボレーが苦手」とか、「私、ロブが打てない」というような声が気になるからです。

テニスは大変難しいスポーツで、技術の数で言えばダントツで多いスポーツです。

だから、もちろん、得手不得手はあるでしょう。

私もバックは苦手でした(今は得意な方です)。

でも、それに過剰に反応してしまうと、その技術はうまくはならないです。

なぜなら、頭の中で、それを拒否してしまうようにプログラムされていくからです。

「外来の異物(抗原)を排除する」という感じですね。

でも、排除しようすべきものではないと分かっています。

「生体にとって不可欠な生理機能」のように、

自分が強くなっていくために高めていかなくてはならない技術だからです。

まずは、「◯◯は苦手だ!」、「◯◯は嫌い」と口に出さないようにしましょう。

嫌いだと口にしてしまうと、そういうものを排除しようとすればするほど、

強く心に残るからです。

まあ、でも嫌だという気持ちは持ってしまうものなので、

とりあえず口にしないようにガマンしてみようということですね。

そうすると、不思議なもので、アレルギー反応は少しづつ収まっていきます。

生理学的なアレルギー反応は改善することは難しいですが、

意識的なアレルギー反応は、考え方や行動で変えることができるということです。

そうやって高みを目指す、これはちょっとかっこいいですね。

がんばりましょう。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう