そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

道を示す(3418)

ITF参戦ジュニア


今日から海外遠征ですが、

今回の遠征先は私が初めてITFの大会に参加した所なので(もう15年以上前になります)、

思い出もたくさんあって、少し懐かしいというか、

故郷に帰るというような感覚もありますね。

初めて参加した時は、何もかも初めてなので、不安と恐怖がありました。

英語も大してしゃべれないので、

何かトラブルがあったら大変だという気持ちもありました。

その後は何回もの遠征を経験し、

今はまったく無いわけではありませんが、不安は大きくはありません。

どんな気持ちが大きいのかというと、「迷い」ですね。

海外遠征に出ることは簡単ではありません。

日本を代表する選手になれば協会がサポートしてくれるので、

その計画に沿ってたくさんの遠征を経験できます。

お金も無償ということではないですが、

自力での遠征に比べれば負担は大きくはないです。

そうでない場合には、参加する大会を選択し、スケジュールを調整し、

少なくはない費用を負担するなど、

それなりに大変な思いをして海外遠征を行います。

果たして、そうまでして海外遠征に出る必要があるのかという思いがあります。

明日、アメリカ遠征組が帰国しますが、

アメリカ遠征はITFの公式戦に参加する遠征ではないので、

視野を広げる、外国を知ってみるという意味では大いに価値があるので、

できるだけ多くの子どもたちに経験してほしいとは思いますが、

公式戦への参戦となると、プロになれる可能性が高くはない中で、

何を目標に遠征を行えばよいのかという「迷い」があるということです。

だから、昨年までの数年間は積極的に遠征を計画することはありませんでした。

でも、

「海外に目を向けるきっかけを与えてくれた」

と言う日比野菜緒選手の言葉に刺激され、

また、テニスの「スタンダード」を知らない子ども達に、

ちゃんと「スタンダード」の道を示すことの大切を強く感じるようになりました。

テニスの「スタンダード」は、ジュニアの大会でも、一般でも大きくは変わりません。

個人登録やエントリーの方法もほとんど同じです。

この道に沿えば、その先にウィンブルドンがあるということです。

日本はその「スタンダード」からは大きく離れていることも多いので、

テニスをがんばろうという子ども達には、

その道を示してあげることが大切だと考えるようになったということです。

もちろん、その道は大変厳しいです。

途方も無くて先はまったく見えませんが、

それでも自分がそこに立っているという意識は、

きっとテニスに対する意欲や向上心を高めます。

それを目標にがんばるということですね。

まだ真冬の日本を離れて、気温差30度近い国への遠征はちょっと大変ですが、

「迷い」を超えてがんばろうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう