そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

自分で選んだ道(3482)

DSC_8983_20160505074347dd0.jpg


Facebookの投稿にもシェアしましたが、陸上短距離で全日本2位になった選手が、

医師を目指して過酷な研修に耐えながら練習も続け、

医師とオリンピックの2つの夢を実現させるために奮闘するニュースを見ました。

すごい感動しました。

その中で「大変だと思ったことはないですか?」という質問に対して、

「自分で選んだことだから」と、自分で選んだことの「責任」を口にします。

そして、その「道」が厳しいことを指摘されても、

「これで成功した時はとてつもなく嬉しいことを体験し、

常識を超えたところに感動は待っている、と思っています。」

と答えます。

ちゃんと自分の考えを持って「自立」し、その信念がぶれないことの強さに驚きます。

私は、アカデミーの理念として「自立」と「自分で考える力」を挙げています。

選手として成長するためはもちろんですが、

豊かな人生を歩んでいくための「キーワード」だからです。

「自立」とは、まさに「自分で選んだことに対して、ちゃんと自分で責任を取る」ということなので、

それを誰のせいにもしないで、

「自分が選んだ道」だということを明確に意識し、

そう行動できるのは強いと思います。

そんな強さを子どもたちに身につけてもらいたいと思って、

こうした理念を掲げています(もちろん、私自身も)が、

その「道」が厳しいことは間違いないです。

そして、この選手はコーチの指導を仰がず、

選手としては異例の短い練習時間のなかで工夫し、オリンピックを目指します。

練習時間の短さを指摘されると、

「時間が無いことを自覚するだけで何も生まれないので、

ある時間で何をしようかを考える方が自分のためにもなる」

と明確に答えます。

本当に強いなあ思います。

そして、ちゃんと「自分で考える力」を身に付けていることが素晴らしいと思います。

言い訳がたくさんできます。

だから、自分の「選んだ道」をまっすぐに進む人は少ないです。

スポーツに打ち込むことは、まさにその「道」を進むことですが、

本当の意味で「自立」できていないと、なかなか前には進めないということですね。

多くの子どもたちが、ちゃんと「道」を進むことができるように、

全力のサポートをしていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう