そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波に乗る(3526)




調子の波はあります。

毎日書くブログでも、時には書くのがとても面倒になったり、

アイディアが浮かばなかったり、疲れていたりして、

うまく波に乗れない時があります。

テニスも同じですね。

調子の良い悪いはあります。

悪い時は、ほんの些細なミスに落ち込んだり、

良いショットを打っても喜べなかったり、

気持ちが滅入って笑顔も少なくなりますね。

そんな時にどうすれば良いのかは人によって違うと思いますが、

まずは毎日やっていることをちゃんとやろうと強く心に決めることだと思います。

私の場合は、朝はちゃんと起きる、

ブログは書く、掃除をする、

決まったルーティーンを意地でもやるんですね。

調子の波が悪い時は、

ついついそれを言い訳に利用して、怠惰な方に流れていきます。

それが調子の波をさらに落としている大きな原因であることに気が付きません。

そこを超えるかどうかで波の大きさは決まると思います。

波が大きく沈むと立ち上がるのが辛いので、

何とか小さいうちにクリアにしておくことが大切だということです。

イチロー選手は、調子が良かろうと悪かろうと自分のルーティーンを崩しません。

だから、ちょっと調子が悪くて凡退が続いた時、

記者から「調子はどうですか?」と聞かれても、

「自分のすべきことをやるだけです」と平然と答えます。

あるトップアスリートは、

「調子が悪い時によく考えることは、次の成長ヒントが見つかる大切な時間です」

と言います。

そういう考え方ができる、

それが調子の波を大きくしない秘訣なのではないでしょうか。

子どもたちはよく、「今日は調子が悪い!」と言います。

それを作り出しているのは、他ならぬ自分自身です。

その自分が、ちゃんと調子の波に乗れるように、

ちゃんとコントロールできているのか、

それを自問してほしいと思います。

私もうまく波に乗れるように、自分のやるべきことを淡々とやる、

そんなふうに自分をコントロールしていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    終了しました!
    ■「テニストレーニングキャンプ21・サマー」
    2018年8月開催予定です!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■今春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。