そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

道具を大切にする(3542)

DSC_0503.jpg


ある記事が目に留まりました。

「史上30人目のメジャー通算3000安打を達成したイチローは「道具」を心底、大切にする大リーガーである。

野球の本場・米国でもその姿勢は尊敬の眼差しでみられている。

「野球の上達には、道具を大切にすることが近道」。

日米を代表する大打者・イチローの忠告とは裏腹に、

感情の高ぶりを抑えきれずに道具を粗末に扱うトップアスリートもいる。

皮肉なことに、道具を大切にしなくても世界の頂点に立つことは可能である。

野球やテニス、ゴルフといった球技には、ボールを操る道具がある。

勝負を分ける“分身”のような存在だが、道具とのかかわりは選手ごとに異なる。

男子テニス界で何年にもわたって世界1位を維持するノバク・ジョコビッチ(セルビア)は

冷静沈着な風貌には似合わず、感情の起伏が激しい。

王者らしからぬ自らの凡ミスに苛立ち、ラケットを放り投げ、

ときに地面にたたきつけて破壊する。

何の罪もないボールボーイに険しい態度で接することもある。

イチローの影響からか、道具を大切にする心はメジャーリーガーの間にも浸透し始めている。

イチローが3000本の偉業を達成する前のこと、

イチローの次打者、マーティン・プラドが四球で歩いた際、

バットを丁寧に置くシーンが中継で映し出された。

まるで日本からやってきた42歳のサムライの所作を再現しているかのような振る舞いだった。

道具を大切にすることは、競技と謙虚に向き合っている証しであろう。

プロゴルファーの青木功もそうだが、道具を大切にする一流選手は概して現役生活が長い。

道具を粗末に扱うことは、もう一人の自分を傷つける行為にほかならない。

29歳のジョコビッチや27歳のマキロイに往年の勢いが感じられなくなっているのは

年齢の問題もさることながら、競技への向き合い方に要因があるといったら言い過ぎか。」

という記事です。

この中で、「道具を粗末に扱うことは、もう一人の自分を傷つける行為にほかならない」

というのは大変印象的に心に残ります。

もし、ラケットが自分だったら、そう考えると、乱暴に使ったり、粗末に扱うことはないですね。

「競技と謙虚に向き合っている」のであれば、そうはならないと思うのです。

子どもたちにの中にも、そうではない選手の影響を受けて、道具を乱暴に扱う子もいます。

試合中の態度や振る舞いも感心できない子もいます。

でも、初めて買ってもらった新品のラケットには心躍ったはずです。

多くの子どもたちは、「新しいラケット買ってもらったんだ!」と嬉しそうに報告に来ます。

そんな気持ちを忘れないで頑張ってほしいですね。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう