そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

思いを切る(3548)

taiji.jpg


昨日は「流れ」について書きましたが、

多くの場合、それは「感情」の変化がきっかけになります。

だから、武士が決闘で対峙した時なんかも、

相手に気持ちを悟られないように、

そして、

相手の心理を深く洞察することで勝利する確率が高まります。

漫画なんかでは「ジリジリ」というような擬音で表現されるように、

対峙したままずっと動かない様と、その緊張感を表現します。

実際の対決では、

「お互い 罵声を発しながら刀を振るだけで、 踏み込むことが出来なかった」

らしいです。

また、

「日本刀の重さは、打ち刀でだいたい1kg前後が普通で、

面積も狭いので殴打だけでは人を殺すことは出来ない代物です。

なので、緊張感ゆえになかなか剣道並みの間合いになるのも難しいところに、

更に剣道よりも近い間合いが要求される為、

間合いの駆け引きは、本当に壮絶な覚悟と胆力のせめぎ合いになります。」

と書いてあります。

「せめぎ合い」は、打ち合いとは違って、まさに対峙したままずっと動かない事が多く、

その状態から、度胸のある人は踏み込んで勝利することも多かったと思います。

命がかかっているので簡単にとはいきませんが、

そこを思い切ることで「流れ」は変わります。

決闘の解説には、

「一対一の決闘では、 剣道の技量よりも度胸、 命を捨てる覚悟を決めた人が勝つんでしょう。」

と書いてあります。

ギャンブル漫画の「アカギ」には、思い切れなくて苦戦している人に対して、

「死ねば楽になるのに」と言葉を投げかけるシーンがありますが、

思い切りとは、まさにそのような覚悟を持てるかどうかということです。

まあ、人は感情に支配されるし、命がかかるほどではなくとも、

恐怖や不安は簡単に拭えるものではありませんので、

「思い切ってい行けばいいんだ!」と簡単に開き直れるものでもありません。

でも、「流れ」を変えるには「それ」しかないということは覚えておいてもいいかしれませんね。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう