そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

誰でもヒーロー(3591)

IMG_0026_201703231138585a2.jpg


昨日は全国選抜高校テニスの応援に行ってきました。

1セットマッチで行われる全国大会、

中途半端な練習時間、熱狂しすぎな応援、

旧態然とした指導者の姿など、

毎回感じる大きな違和感もあって、

あまり好きにはなれませんが、

団体戦はいいなあ~と思います。

団体戦の魅力は、

個人スポーツであるテニスが団体戦を通して、

ひとつまとまることであり、

個人がチームのために戦うことにありますが、

一番の魅力は、「誰もがヒーローになれる」というところかなと思います。

チームの応援を背に、

自分の勝敗がチームの勝敗に大きく関係しているという緊張感はめちゃ大きいですね

(私はその時の緊張感を今も覚えています)。

それが大きいだけに、

勝った時の喜びは、ひとりで戦っているときよりも大きい、

ということです。

だから、1ポイントごとに大きく雄叫びを上げるし、

応援もそれに応えます。

「どうしても勝つんだ!」

の気持ちも高まりますね。

そういう中での戦いは、

映画のヒロイン、ヒーローになった時の快感のようなものと似ています。

こうした「自己肯定感」や「自己高揚感」は、

自分の能力を高めるために大変重要です。

でも、個人戦になると、

それが、つまり応援などのバックアップが小さくなると、

それをちゃんと発揮できないというところがちょっと問題かな。

特に高校生ぐらいになると、

個人戦であってもこうした「自己肯定感」や「自己高揚感」を強く持って戦う選手は少なくなります。

ちびっ子たちは違いますね。

この前、「みんな、どういう選手になりたい?」と聞いてみると、

「世界一!」と答えます。

思わず笑っちゃいますが(笑)、

この「自己肯定感」を否定してはいかんのです。

子どもたちは、それを心から信じています。

夢見ています。

その気持ちが能力を高めます。

強くなる選手は、間違いなくこうした気持ちを持ち続けた人です。

それが失われないように指導していけたらいいなと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう