そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

本当に怖がらなければならないこと(3594)

DSC_0505.jpg


春の大会に向けて練習試合なども多くなりますが、

その試合を観ていて、

「怖がっている」ことが気になります。

何を「怖がっている」のかというと、

「負けることを怖がる」、

「ミスを怖がる」、

「ポイントを取られることを怖がる」

・・・ということです。

ボールを打つ瞬間、色々なことを考えます。

「ここでミスしたら負けてしまう」、

「ミスしたら相手のゲームになってしまう」、

「相手がミスしてくれないかな」

などの思い・・・が瞬間的に浮かぶと思います。

でも、

「ここは思い切って打たないといかん!」

とも考えるわけです。

それが「恐怖心」に押されて、

思い切れなくて、相手のミスを願うようなプレー、

をしてしまうことが気になるということですね。

でも、

「本当に怖がらなければならないこと」

は、そうした「恐怖心」のようなものに縛られて、

練習でやっていることとまったく違うことをしてしまうことです。

それは「可能性をゼロ」にしてしまうからです。

これから何百回、何千回も試合をします。

当然、「負け」はあります。

それを嫌なもの、だめなものだとして「拒んで」いると、

昨日のブログに書いたように、

「思考」が始まらず、「目標」が生まれず、

その目標に向かって「行動」が始まらない、

という「負の連鎖」のようなことになるからです。

これが一番「恐れること」です。

「可能性」をどんどん小さくしてしまうからです。

スポーツをやっていいる以上は、

「負け」は必ずあります。

「ミス」なんて死ぬほどやります。

でも、それを否定しないで受け入れ、

自分のやるべきことに意識を向けて、

ちゃんと行動するようにすることができれば

「可能性」は大きく広がります。

信じてがんばりましょう!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう