そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

「自主性」と「主体性」(3615)

IMG_4014_20170424072549476.jpg


私は、子どもたちの「自主性」を重んじています。

同じような言葉に「主体性」というのもありますね。

気になって調べてみると、

「自主性」とは、

「他人からの干渉や保護を受けず、独立してことを行うこと。

もう少し噛み砕いて説明すると、

自主性は単純に「やるべきこと」は明確になっていて、

その行動を人に言われる前に率先して自らやることである。」

と定義され、

「主体性」とは、

「様々な状況下においても自分の意志や判断で行動するということ。

つまり「主体性」は、

何をやるかは決まっていない状況でも自分で考えて、

判断し行動するということになる。

主体的な人とは「目的は何かを徹底して明確にし、

それを満たすために何をするかを自分で考え、

リスクを承知で行動すること」ができる人。」

と定義されています。

何となく、「主体性」は「大人じゃん!」(笑)と思えてきます。

最後の「リスクを承知で行動する」というのは、

「すべての責任を自分が取る」というのが「一人前」

であると言われることと共通しています。

でも、小さい子どもたちは、

自分の行動にリスクを取って、

その責任を取るというところまでは十分に成長していないので、

「自主性」をまずは高めてみるということが大切なんじゃないのかなと考えます。

ある文には、

「「主体性」を伸ばしていきたいのであれば、

まずはやらせてあげることが大事で、

自主性を伸ばす場合は「やるべき事」を明確にしてあげることが大事。

どちらが良い悪いということではないが、

この2つの違いを踏まえて指導してみてはいかがだろうか。」

と述べられています。

深く考えてみるべきことですね。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう