そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

トレーニング効果(3639)

DSC_2343.jpg


トレーニングとは「適切な刺激と反応によって機能を高めること」です。

なので、トレーニングを指導する時は、

「絶対にマイナスにならない」ように、「適切な刺激」を選びます。

でも、それが「機能を高める」、

つまり効果があるかどうかは分からないです。

なぜなら、「適切な刺激」は人によって違うし、

トレーニングに対する「理解の深さ」や「やる気」によって効果に差があるからです。

トレーニングは苦しいことが多いので、基本的にはやりたくないです。

でも、必要であることは分かっているので、

何とか自分を奮い立たせてがんばるわけです。

もし、「これさえやればいい!」というものがあれば、

そういうものを手に入れたいと思います

(ドーピングがなくならないのはこういう心理が働いています)。

でも、そんなものはないですね。

「そうである」と思い込めるのであれば、

ひとは必死になってがんばれます。

必ず達成できるからです。

それが叶わないとなると、とたんにやる気は失せていきます。

そうなると、トレーニングはもっと苦しくなってきます。

人は、100%効果のあるものを求めますが、そんなものはないです。

それでもがんばることができる人が強くなっていくということです。

強くなっていく人は、いつまでもそれを「信じることができる人」です。

ダニエル太郎はそんな子でした。

小さい子どもを見ればわかりますが、

「自分を信じて疑わない」ので、どんなことも楽しくできます。

そんな「感性」を持っているということです。

でも、成長してくると、頭で考えちゃいます。

「もう無理だよねえ~」、「やっても意味ねえし」と、

それを避けることが合理的な方法であるかのように考えてしまいます。

そうなると、トレーニング対する理解は深まらないし、

そもそも自分自身に対する興味や感心が低いので、

何をやってもつまんなくて、やる気は出ないですね。

そうならないためにも、そのプロセス、

つまり自分のやっていることを信じられるかどうかが鍵だということです。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう