そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

自立(3648)

DSC_7680_20170608065707a29.jpg


「次」へのプレーがちゃんとできている時に「可能性」を感じる、

と書きました。

もちろん、他にも「可能性」を感じる時はあります。

それは、「自立」しているということです。

「自立」とは、「自分ですべてのことを決めて、その責任を取る」、

ということです。

「自立」を邪魔するのは、親の指示であることは多いですね。

私は何百人もの子どもたちを教えてきて、

もちろん、その親御さんたちとの付き合いもあるわけです。

その中で、錦織圭選手とダニエル太郎選手のお父さんやお母さんに共通しているのは、

「自立」をじゃまをしないということです。

基本的にすべてのことは子どもに決めさせるという姿勢ですね。

「ケガをしているので無理をしないように何時ごろに上がります」、

「痛みがあるようなので休ませます」

というケースがあります。

「それは誰が決めるの?」、

「なぜ、何時なの?」、

「休むと決めたのは誰なの?」、

それはほとんどの場合、親が指示するケースです。

無理ができるのであれば無理をした方がいいです。

動きがおかしかったり、痛みが強く出てくる場合は練習は中断します。

その判断は私がする時もありますが、

最終的には自分でします。

簡単に休むと言いますが、

練習以外にもできることはあるので、

(自分で決めたのであれば)本当は練習に来るべきです。

試合前に捻挫した子が、

診てみると腫れもあって、痛みも強そうなので、

休むように指示をしましたが、

「できる!」と言い張って練習を続けます。

これが「自立」です。

まあ、私のほうが専門家なので、

これくらいの動きであれば支障は出ないだろう、

と判断できるぐらいの強度に練習はコントロールしますが、

「できる!」と言うのであれば練習はさせます。

その子は「練習やってたら治った!」とケロッとしています。

「強いなあ~」と思いましたね。

「そんなんで練習して大丈夫なの?」

と親御さんたちは心配するでしょう。

でも、本人が「できる!」と言っているのだから基本的には大丈夫です。

できないと感じるのであれば、

ちゃんと自分で判断して、コーチにそのことを伝えます。

こうやって「自立」の精神が培われてきます。

それを奪わないことです。

「親として」の意識が強いと、

「子どもを守るのが親の努め」と考えて(考えすぎて)、

何でも指示をしてしまうケースがありますが、

「自立」を阻害することになる場合もあるので注意が必要です。

私がアカデミーのコンセプトにあげているのは「自分」です。

「自立」と「自分で考える力」を高めることをスローガンに掲げています。

私が積極的に遠征に出たり、キャンプを行うのは、

子どもたちの「自立」を促したいからです。

「自立」とは、何でも自分で考え、自分で判断して、行動する力を身につけるということです。

極端に言えば、「コーチは必要ない」と思えるぐらい、

「自分でやれる力」をつけることです。

そんな選手に大きな「可能性」を感じます。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう