そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

テニストレーニング(3656)

DSC_9455.jpg


毎年、夏と冬に「テニストレーニングキャンプ」を行っていますが、

なぜ、「トレーニング」なのかというと、

テニスをやっている子は、

トレーニング」に対する意識が低いことが気になるからです。

だから、「テニストレーニングキャンプ」です。

なぜ、「意識」が低いのかというと、色々と考えられますが、

ひとつには年がら年中試合があって、

「シーズン」の切り替えができないからです。

野球では「シーズンイン」と言います。

本格的な試合シーズンに入っていくことを言いますね。

プロ野球では4月頃が開幕なので、それに合わせて調整していきます。

高校野球でも3月から対外試合が解禁され、

本格的な試合シーズンが始まります。

そう、高校野球では12月から2月いっぱいは対外試合が禁止され、

身体作りに励むように奨励されているんです。

とても良い慣例だと思いますね。

でも、テニスは年がら年中試合があって、

いつが「シーズン」か分かりません。

プロの世界では、マスターズが終わって、全豪オープンが始まる頃までが、

何となく「シーズンオフ」のような感じで調整すると思いますが、

ランキングの低い選手は、そういう時期でも試合をしてポイントを稼ぐわけです。

ジュニアに至っては、そんな「シーズンオフ」なんてものはありません。

だから、どうしてもオンコートでの練習ばかりになって、

トレーニング」に本格的に取り組む余裕がなくなってくるんですね。

もちろん、トレーニングプログラムは組みにくいです。

「トレーニング」では「期分け」といって、

「シーズン」によってトレーニングメニューを変えて、

適切に身体作りができるようにプログラムされるのが普通ですが、

テニスではそれができないというか、

とってもやりづらいということなんです。

トレーナー泣かせなスポーツなんですね(笑)。

だから、「トレーニング」を本格的にやる時間は少ないし、

それを理解するように指導されることはありません。

そうなると「意識」は高まってこないですね。

それと、日本におけるテニススクールでは、

そういう時間を割くことは、制約もあって難しいことが多いです。

だから「テニストレーニングキャンプ」です。

少しでも「トレーニング」に対する理解を深め、

より高みを目指す「意識」が高まればいいなと思います。

今から、キャンプの内容について、しっかりと考えていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう