そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

試合が楽しくない(3709)

DSC_4958_20170922055055ae7.jpg


プレーすることを「放棄」する、と感じることも多いです。

ちょっと自分のプレーがうまくいかないと、

「あきらめてしまう」ようなプレーをしてしまうということですね。

こうした状況になってしまうのも、

結局は「恐怖」に負けてしまうからです。

そして、「相手のミスを願う」ような気持ちでプレーしていると、

ますます自分のちょっとしたミスを許せなくなります。

その許せない気持ちが高まりすぎると、

「もういいや」っていう気持ちになって、試合を投げてしまうんですね。

実は、私はそういう気持ちになったことがありません。

一度もです。

なぜなら、練習が過酷なので、試合が楽しくて仕方ないんですね。

そりゃあそうですよね。

誰だって、振り回しよりも試合のほうが楽しいでしょ?

トレーニングなのか、いじめなのか分からんようなことするより、

試合のほうが楽しいでしょ?

だから、試合を投げることは絶対にありません。

まあ、負けてしまう「恐怖」はありますが、

できるだけ試合を長くやる方が、

楽しい時間が長くなる(嫌なことをする時間が短くなる)ので、

あきらめないで長く続けることに必死なるからですね。

そう考えると、(うまくいかない)試合は楽しくない、

と思ってしまう子は多いということです。

まあ、クラブでの練習は、それほど苦しくもないし、

仲間もいるので、そこにいること自体が楽しいです。

ということは、嫌なことを我慢する、苦しくても我慢する、

そんな訓練が足りないのかなと思ったりもします。

テニスが楽しいからがんばる」だけでは、

なかなか乗り越えてはいけないものかもしれません。

部活動の意義はこんなところにもあるのかもしれませんが、

苦しくてもテニスをがんばるように向いている、

そんな「感性」を高めることができると、

きっと試合はもっと楽しくなる、そう思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう