そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

差を埋める(3710)

DSC_4860.jpg


強い弱いを決めてしまうもの、

同じぐらいの力量だと感じる場合でも、

それははっきりと出ます。

その「差」は何なんだろう?と考えることは多いです。

それは、ほんの少しの差だと思うし、

でも、実は相当に大きな差なのかもしれない、

と思うこともあります。

みなさんはどう思いますか?

私はスポーツ科学を研究してきたので、

人の能力は「測れる」ことを前提としてきました。

でも、データを分析すればするほど、

それは「分かんない」ってことです。

確かに、何らかの傾向が見いだせることはあります。

筋力の発揮のタイミングとか強さとか、

動きのバランスとか身体重心のコントロールとか、

そんなことにトップ選手と、そうでない人の「差」を見つけて、

傾向を探ったりします。

でも、それはあてにはなりません。

人の力量の「差」を明確にできるものではない、

ということです。

ましてや、テニスのように、対人スポーツで、オープンスキルで、

タイムなどの自己記録で評価できないものは、

その「差」を定義することは、今の科学では難しいということです。

で、結局は、その人の「才能」ということになってしまいますが、

私自身は、その「差」は小さいと思っています。

「差」が「何か」ははっきりとは分かりませんが、

決して大きくはない、

そう思うんです。

だって、錦織圭選手や奈良くるみ選手、加藤未唯選手は小さい時から知っていますが、

(あの体格で)ここまで成長するとは思いませんでした。

きっと、みなさんもそうですね。

でも、世界で活躍する」「何か」を持っている、

もしくは掴んだ、ということです。

体格や技術の「差」を埋める「何か」です。

それは、「意識」だったり、「感性」だったり、

そんなものかもしれません。

そして、そんなものを見つけて、

「差」を埋めてあげること、

それがコーチの仕事かなと思います。

むつかしいけど、がんばります!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう