そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

早くから始めることのデメリット(3729)

7e1a1342323705ad4450a3e251675d6a4095e5d151db0d5db4eb622a890b00be.jpg


早くから始めたほうが有利なのは間違いないですが、

もちろん、早くから始めるデメリットもあります。

ひとつは、やはり身体への負担が大きいということです。

小さな体で、その子にしては重いラケットを振り回しますので、

当然身体への負担は大きくなりますね。

インパクトの衝撃力も大変大きなものです。

子どもたちの衝撃力の大きさがどれくらいかは分かりませんが、

一般の大人の選手クラスであれば、

瞬間400kg以上の衝撃力があります。

どちらにしても小さくはないですね。

当然練習量も多くなり、そうなると、ケガにつがりやすいので、

それが早くから始めることの一番大きなデメリットになります。

そして、早くに成果が出ることで、

親(自分も)の意識が変わってしまうということもあります。

早くから始めているので、まだライバルもそれほど多くはなく、

試合も楽しんでできるので、当然、成果は出やすいです。

でも、何年か経って、勝てない時期もやってきます。

一緒に始めた仲間に追い越されることもあります。

ライバルは増えてきます。

でも、ちょっと前は勝ててたという、

「変なプライド」はなかなか無くなりません。

特に、親御さんたちは、自分たちが練習してきているわけではないのに、

勝てなくなったことを努力の少なさのせいにしたり、

コーチの問題や、仲間を含めた練習環境の問題だと考えるようになったりします。

そうなると、勝ち負けに異常にこだわるようになり、

感情的になることも多くなります。

それは、子どもたちにとってもっとも大きな「ストレス」です。

そうなるとテニスがつまらなくなって、辞めちゃう子も多いですね。

とても悲しことです。

また、経済的な問題もあります。

たくさん試合に出なくてはならないので、その分経費はかかります。

ガット代や道具のお金、レッスン代もばかにならないですね。

親にとってみれば、先が見えないことに対して、

たくさんのお金を払うのは大きな負担です。

学習塾のようなものであれば、

テストの点数なんかで、ある程度今の実力を評価できますが、

テニスのようなスポーツの評価はめちゃ難しいです。

「うちの子はどうなの?」といくら考えてみても、明確な答えはないですね。

だから迷います。

早くから始めれば始めるほど大きな成果を期待するので、

余計に心理的な負担も大きくなるということです。

それでも、早くから始めたほうが良いと考えます。

その一番の理由は、「テニスは素晴らしいスポーツ」だからです。

誰でもどこでも楽しめます。

一生涯がんばれます。

頑張ってテニスを続ければ、飯を食うのに困りません(笑)。

そして、小さい頃に、「世界」を知ることができる数少ないスポーツです。

だから、早くから始めて、苦しくても苦しくても、

歯を食いしばってがんばってほしいんです。

その先にはきっと素晴らしいことがあるし、

そんな素晴らしい「世界」を早くから経験すること、

これは人生においてもっとも価値あることだと思うんです。

だからがんばってほしい、心からそう思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう