そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

受け入れる(3744)

DSC_4891_201711120710264eb.jpg


環境の変化に弱い人はいます。

風が強い、コートサーフェイスが違ったり、状態が悪かったり、

暑かったり寒かったり、

テニスは(基本的に)自然の中で行うものなので、

環境は大きく変化します。

そんな時に、

「今日は風が強いからうまくプレーできない」とか、

「コートが悪いから気になってプレーできない」

というような気持ちが強いと、

きっとうまく自分のプレーはできないですね。

気持ちは分かります。

誰だって、自分の思うような状況でプレーがしたいですね。

でも、それは変えられません。

だから、それを嘆くよりも「受け入れる」ことが大切です。

私の好きな言葉に、

「神よ、変えることのできるものについて、

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えることのできないものについては、

それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、変えることのできるものと、

変えることのできないものとを、

識別する知恵を与えたまえ。」

という、神学者ニーバーの言葉があります。

「変えることのできないものについては、

それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。」、

これがまさに「受け入れる」ということです。

さらに言えば、変えられないものに対して、

「どうして?」という悲観的な考えではなく、

「どうすれば?」という前向きな考え方が持てるようになるということです。

簡単ではないですが、

鈴木貴男選手や松井俊英選手のように、

長く現役を続けている選手は、

きっとこういう「考え方」ができています。

そういう選手の言葉から学ぶことは多いと思います。

力が衰えていくことは仕方ない、

でも、その中でやれることやってやろう、

という前向きに気持ちに支えられて、

きっとこうすればもっとうまくなれるだろう、

という向上心や探究心が高く、

いつもでもやれるという自分を信じる信心の強さを身に付けてけています。

これが「受け入れる」ということで、

選手としても人間としても、一番強い「考え方」なんじゃないかなと思います。

強くなるためのエネルギーは、ものの「考え方」によって大きく違ってきます。

多くの子どもたちが、

そんな強くなる「考え方」が持てるようになればいいなと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう