そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

子どもの人生(3745)

DSC_1318.jpg


テニスコーチにとって一番悲しことは、

子どもたちがクラブを替わっていくことや、

やめていくことではありません。

それはテニスをやめてしまうことです。

やめてしまう原因はたくさんありますが、

大きな原因として親の過剰期待や過干渉があります。

私も二人の娘がいますので、期待する気持ちや、

自分の力でやってあげたいという思いから、

つい干渉が過ぎてしまう、というのは分かります。

でも、それをぐっとガマンすることが大切なんじゃないかなと思います。

子どもは成長します。

そして、自分の世界を作って、だんだんと大人というか、

人としての考え方ができてきます。

でも、親にとっては、いつまでも「子ども」なんですね。

小さい頃に自分にすがってくる我が子ほど可愛いものはありません。

自分が本当に必要とされていると実感できます。

でも、それは「いつまでも」ではありません。

この前、「受け入れる」ということを書きましたが、

親がこれができないと、

いつまでも子どものままであるように関わってしまいます。

これが、子ども気持ちを窮屈にしてしまう大きな要因ではないかなと思います。

子どもが成長してきたことを「受け入れられない」と、

それが双方にとっての大きなストレスになることも多いかと思います。

だから、私はいつも「積極的受容性」の大切さを説きます。

子どもの成長を考え、過干渉や過剰期待をせず、

子どものあるがままを受け入れ、それを認め、

何か必要とされれば、できることを全力でやってあげる、

というような考え方です。

一番いけないのは、子どもに自分の理想を投影してしまうことです。

子どもは子どもの人生です。

自分とは違う、という認識が必要です。

そうやって、自分の子どもという意識から、

一人の人間として関わるという意識への変化があることで、

テニスをずっと続けられる可能性は高くなります。

それでもテニスが嫌になってやめてしまうこともあるでしょう。

でも、自分の意志でやめることを決断するのであれば、

それを受け入れてあげればいいと思います。

何事も子どもの人生、

私はそんな考え方を持って子どもたちと関わっていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう