fc2ブログ
そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

食トレ(3904)

IMG_0979_202111041900461ae.jpg


強くなるためには、「身体作り」はもっとも重要なファクターであり、そのための食事の大切さを説かれることが多く、最近では、それもトレーニングであるとして「食トレ」と言われることもあります。その意識が高まってきて、食事に対する考え方も変化してきているようで、ある記事が目に留まりました。
「アスリートにおけるパフォーマンス食事が密接な関係にあるのは周知の事実だ。多くのプロ野球選手も、食事、サプリメントなど自らの摂取するものにこだわりを持っている。ここで肝になってくるのが、何を、どのタイミングで摂取するかだが、高校野球の「食トレ」については、この部分をおざなりにしているケースが多い。どんぶり飯を何杯、おにぎりを何個、といったアバウトなルールが、まさにそれだ。基礎代謝も高い10代の高校生。加えて、毎日厳しい練習をこなしている彼らは極端な話、何を食べても身体が自然に大きくなる。身体が出来上がった大人は細かな栄養計算や摂取のタイミングを間違えるとただ単に脂肪がついてしまうだけだが、彼らの場合はたとえどんぶり飯だろが、おにぎりだろうが、もっと言えばファストフードだろうが摂取した分、筋肉がつき、その効果が目で見てわかるレベルで身体つきに反映される。」
こうしたことが通例として意識にあるので、ただ「たくさん食え!」という指導になってしまうことが多いのですが、それが徐々に変化してきているということです。ある名門高校野球部の監督は、こう言います。「選手に食事を強要することはしません。量を食べられない下級生の分は上級生が食べてあげたり、とにかく食事は『楽しく』が一番です。だって『エサ』じゃないんだから。もちろん、サプリメントやプロテインなどでしっかりと栄養補給することは大切ですが、厳しい練習を乗り越えた子供たちに、食事の時間まで『トレーニングだぞ、食え!』というのはかわいそうじゃないですか」
私が指導する野球部も、こうした習慣に変化しています。「考えて食事する」ということが何よりも大切だということです。この記事では、「ナンセンスなのは、何の根拠もなく、ただ単に量を取ることだけを強いる風潮だ。」と書いています。その通りだと思いますね。スポーツ選手にとっての身体作りは、それが直接パフォーマンスにつながる大切なもの。それを多くの人が知って、うまく環境が作られていくことが望ましいと思います。


★You Tubeに動画をアップしています。
■メインチャンネル(tslabo video channel)
★テニス、コーチング、トレーニング、セミナーに関する動画

https://www.youtube.com/channel/UC-AMykrsIj9ao4N1BJ_7CDQ?
■サブチャンネル(シバとトイプーと旅)
★柴犬とトイプードルと一緒に車中泊旅を楽しむ動画

https://www.youtube.com/channel/UCOdntPhiuQsxNFWmswq3nhQ?


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

テニス 人気記事 一覧 テニスブログ天紹介所



関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

このページは、テニス(スポーツ)が強くなりたいあなたに、心に響くヒントを提供することを目的として作っています。興味のある方はぜひご覧ください。
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
SNS
Nobuhiro Oshima


tslabo_gtnをフォローしましょう