そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

敗戦から学ぶ(2631)

DSC_5556.jpg


高いレベルの選手を目指す方は、

もうすでに計画を実行されているにちがいない。

しかし、

いくらしっかりと計画を立ててもすべてがうまくいくとは限らない。

計画が間違っていることもあるだろうし、

成長のタイミングが思い通りにいかないこともある。

だから、

目標とする試合で負けることも多い。

しかし、

真に強くなるものは、

この敗戦を次のステップにできるということを忘れないでほしい。

敗戦から学ぶ

ことができれば、次の計画を立てることにも大いに役立つ。

では、敗戦から何を学べばよいのだろうか。

負けることで、

自分に足りないことや

変えていかなくてはならないことが明確になる。

また、

悔しい思いを持ち続けることで

苦しい練習に耐えるモチベーションも高まるはずだす。

そう考えれば、

「敗戦から学ぶ」

ことがいかに大切であり、

そこに成長のための大きなきっかけがあることがわかる。

しかし、

敗戦から学ぶ

ためには

2つの条件

がある。

ひとつは、

この試合までにはこの課題を克服するとか、

対戦相手を想定して戦術を立てながら練習するとか、

明確な目標に向けて

ひたむきに努力すること

ができていたかどうか、

ということだ。

意識を高く持って試合の臨むことができなくては、

敗戦から何かを学び取ることはできない。

もうひとつは、

心の底から悔しいと思う

ことだ。

勝負に賭ける気持ちが強ければ強いほど、

負けたときの悔しさは大きいものだ。

気持ちが高まっての敗戦は、

冷静に物事を考えるまでに時間がかかるだろうし、

場合によってはテニスを辞めてしまうかもしれない。

これはつらいことではあるが、

それくらいの悔しい思いを持てなくては強くはなれないということだ。

私は、敗戦によってテニスに対する情熱をなくしてしまった選手や、

テニスをやめていった選手を何人も見てきた。

そんな選手を見るとき、

冷静を装ってはみても私の心は大きく動揺する。

そこまで追い込まなくても良かったのではないか、

と自問することもある。

なにも悲しむのは選手だけではない。

「強く思えば、強く悲しむ」、

これは表裏一体ではあるが、

どこまで求めるのかは、結局自分で決めるしかない。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう