そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

ライバルを持つ(2674)



「先達」と同様に、

「自分を高めてくれる存在」として、

「ライバル」の存在を忘れてはならない。

相撲の世界では、栃若や柏鵬など、

両雄並び立つことでその技量を高め、

素晴らしい技の極地に達することができるといわれている。

「ライバル」とは単に倒すべき目標ではない。

その存在を認め、

自分にはない高い技量や精神力を敬い、

それを超えるべく努力する気にさせるような尊い存在である。

もちろん、

自分だけが「ライバル」と認めたのでは意味がない。

お互いにその存在を認め合ったときにはじめて、

「ライバル」ということができる。

よく、今は大きく成長した選手に対して、

「昔、俺たちはライバルだったのさ。

競った試合を何度もやった。」

と過去の経験を大げさに語り、

さも「ライバル」であったかのようなことを言う人を見かけることがある。

彼らと戦ったという経験が自分の価値を高めてくれるだろう

ことを期待してこのような行動をとる。

その人の栄光を自分に反映させて、

自分は価値ある存在であることを認めてもらいたがっているのである。

そんなことで価値が高まるはずがない。

「こいつにだけは負けたくない」

とお互いに(ここが肝心)心から思える(憎しみの心なしで)存在があれば、

あなたは成長をやめようとすることはない。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう