そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

どん底を経験する(2346)

DSC_8766.jpg

試合では、悔しい敗戦を喫した子どもにかける言葉に窮するのが常だ。

ある指導者は、

「どんな励まし方をしたとしても、君の気持ちは切り替わらないでしょう。ああ、困ったなあ……。」

と書いている。

この「ああ、困ったなあ……。」は、まさにそのときの私の心境である。

巷にあふれるポジティブ・シンキング的なメンタル・トレーニングは、敗戦のショックから立ち直り、またもう一度テニスをやってみようかという気持ちに差し掛かったときに、なんとなく、心にすうっと入っていくものであり、容赦のない限界を突きつけられたときに、そのような考え方にたどり着くとは思えない。

選手は誰もが懸命に戦っている。

負けたいと思って戦う者などいない。

しかし、打っても打っても通用しない。

何をして良いのかわからない。

本当に残酷なのだが、努力で埋まらない限界がはっきりと示されるのだ。

こんなときに、何をかける言葉があるのか。

一緒に肩を落とし、ため息をつき、気持ちが自然に切り替わるのをじっと待つしかない。

スポーツの残酷さを嘆きながら、一緒に涙することしかできないのだ。

このような<苦しみ>がスポーツの本質である。

しかし、その<苦しみ>の中に、選手としての感性を磨く種がまかれているのも真実である。

このような<苦しみ>を幾度となく経験し、「どん底の中であがいた人間だけが感じる本当の歓び」を手に入れた者が強くなる。

しかし、<どん底を経験する>ことは大変に難しい。

実はどん底を経験するにはいくつかの条件があるのだ。

なによりもテニスに対して一生懸命に取り組んでいなければならない。

あるテレビ番組で、コーチが指導する生徒に対して、

「一生懸命やればやるほど、その悲しみは大きくなる。それがスポーツだし、スポーツとは本来そういうもので、残酷なものだ。」

と説いていた。

そう、スポーツは一生懸命にやればやるほど、苦しみ、悲しみは大きくなるということをこのコーチは知っている。

一生懸命に努力すると、なんとなく自信が付いてくるのだが、その反面、

「こんなにやったのに負けたらどうしよう!」

と、負けることに対する恐怖が大きくなる。

その恐怖は振り払うことができない。

なぜなら一生懸命に取り組んでいる<自分自身が恐怖を作っている>からである。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう