そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

自分のフォームを知る(2721)

DSC_8606.jpg


強くなるための技術を手に入れるためには、

少なくとも自分のフォームをきちんと知らなくてはならない。

皆さんは、ビデオを見たことがあるだろうか。

私は、ビデオに撮って見せることがある。

ビデオを見ることによって、

実際に自分がどのように打っているのかを確認してもらうためだが、

はじめて自分のフォームを見た生徒さんや子どもたちは、誰もが、

「私はこんなフォームで打ってるの?」

と驚きの声を上げる(恥ずかしくて叫ぶ場合もある)。

私もはじめて自分のフォームを見たときは、

「誰だよ、これ。変な打ち方やなあ、かっこわりい。」

と言って笑っていて、

それが自分だと気づいて大変恥ずかしい思いをしたことを覚えている。

ということは、

自分で<打っているつもり>と、

実際に<打っているフォーム>

には大変大きな違いがあるということだ。

ところが、

何度かそういう経験をしてくると、

ビデオに写ったフォームと自分のフォームに

「ずれ」を感じなくなってくる。

だいたいイメージ通りに打つことができるようになってくる、

ということだ。

もちろん、

イメージ通りといっても、

誰もがフェデラーのように打てるというのではなく、

自分の姿勢やバランスなどを感覚としてきちんと捉え、

自分の頭の中で、

外からビデオを撮っているように

自分自身のフォームをイメージできるということである。

つまり、ここでいう

「自分のフォームがわかってくる」

というのは、そういうことだ。

じつは、これが大変にむつかしい。

感覚の鈍い人はいくらやってもイメージとのずれが修正できない。

例えば、

この感覚の鈍いコーチは、生徒の真似が大変下手である。

「あなたは今、こんな感じで打ってますよ。」

と指摘して、その人のフォームを再現したときに、

あまりにそれが似ていないので、爆笑することもある。

感覚の鋭いコーチはそうではない。

生徒さんのフォームを真似るのが非常にうまい。

その時指摘したフォームで打って見せると、

その生徒さんは「むっ!」とするが、

周りにいる人たちは、よく似ているので大笑いできる。

形態模写の優れている人は、

そのイメージを掴むこと、

そして、

それを身体で表現できる感覚に大変優れているということだ。

この身体感覚に優れている人は、

「よし、こんなふうに打ってみよう!」

と思って、

案外その通りに身体を動かして打つことができるので、

色々と試しているうちに、

感覚的に「ぴたっ!」と合う打ち方

を発見できることも多い。

しかし、

残念ながらそうではない人は、

そもそも「こんなふうに打ってみよう」と思って打ってみても、

それがまったくイメージとは違う打ち方なので、

感覚的に「ぴたっ!」とくるようなことは起こりにくい。

ということは、

技術を習得したり、

高めたりする前に、

まず自分の体をきちんとコントロールできるように、

そして自分のイメージ通りに身体表現できるように

訓練しておかなくてはならないということだ。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう