そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

「忍耐力のない奴は強くなれない」の法則(2742)

DSC_8293.jpg


もっとも大切な法則、それは、

「忍耐力のない奴は強くなれない」

である。

テニスというスポーツは、

プロスポーツとしては大変市場の狭いスポーツである。

ゴルフであれば、日本ツアー、アメリカツアー、ヨーロッパツアーなど、

あるまとまったエリアでプロスポーツとして成り立っていて、

多くのプロがそれで「食って」いる。

野球にしてもしかりである。

しかし、テニスは「ワールドツアー」しか存在しない。

そして、そのツアーでトップ100しか「食えない」という狭き市場なのである。

当然、そこに行き着き、生活をプロとして支えるためには、

とてつもなく厳しい戦いを勝ち抜いていかなくてはならない。

当然、行き着くまでの間は「食う」ことはむつかしい。

それでも「そこ」に挑むには、

並大抵の「忍耐力」では耐えられないことは想像に難くない。

また、テニスは一人で戦わなくてはならない。

ゴルフではキャディーというサポーターが近くにいるし、

試合の最中にも声を掛けることができる。

野球やサッカーのような団体スポーツでは、

仲間とともに戦うので孤独感はないだろう。

試合に入ったらまったくの一人きり(団体戦を除いて)、

何のアドバイスも、協力も求めることができないもっとも孤独なスポーツなのである。

それくらい孤独なスポーツなので、

それに耐えられない選手はそもそもテニスには向かない。

これは相当に大変なことだ。

まだまだある。

テニスはもっとも「しんどい」スポーツだということだ。

試合時間は、長いときでは3時間や4時間以上にもなる。

大きな大会になれば、2週間も試合をし続けることになる。

1週間は当たり前である。

しかも、その大会に向けて調整という意味で、

少なくとも3、4日は試合会場で練習することになるし、

今やっている大会と次に出場する大会でサーフェイスが違えば、

調整期間はもっと長くなる。

野球やサッカーではサーフェイスが問題になることはほとんどないだろう。

気候の違いや時差などによる調整が必要ということはあるが、

それとてテニスでも同様であるので、

テニスは2重3重に苦しい思いをしなくてはならないということだ。

「もう、やめだ!」と思いたくなる気持ちはよくわかる。

これはもちろんプロ、もしくはプロを目指している人のことであるが、

ジュニアの選手でも同じような「忍耐力」が求められるのがテニスの世界である。

テニスではプロのツアーの仕組みも

ジュニアのツアーの仕組みもそれほど変わるわけではない。

ポイントを稼いでランキングをあげるために世界中の大会に参加し、

グランドスラムを目指す。

プロとなんら変わることはない。

ということは、

ジュニアのときからもの凄い「プロ意識」がなくては戦ってはいけない「舞台」なのである。

しかし、日本ではちょっと事情が違い、

特殊なルールに則って試合が行われることが多い。

練習無し、ワンセットマッチ、休業中の過密日程などなど・・・。

世界から見れば「異様な世界」がそこには広がっている。

かくいう私も海外に出る前までは、

「この世界」が当たり前であると思っていた。

そこでは本物の「世界」で戦う凄まじいまでの「忍耐力」を必要としない。

だからこそ「忍耐力」のある選手は素晴らしい成績を修めるチャンスが大きい。

まだある。

テニスでは多くの場合「セルフジャッジ」である。

もめごとがない・・・わけがない。

しかし、ルール上も、

倫理上もネットを飛び越えて相手に殴りかかる、というわけにはいかない。

ひたすら「そのこと」を耐え忍ばなければならないのだ。

そんなときに人間としての「耐性」が試される。

現状が自分に不利に働いて、

それをどうすることもできないとき人間は絶望する。

そんな機会がもっとも多いのがテニスというスポーツなのである。

いかに「忍耐力」が必要なのかは理解できるだろう。

これだけでは終わらない。

実はテニスは大変お金がかかる。

レッスン費、練習に通うための交通費、ガットはぶちぶち切れる。

強くなればなったで、遠征にかかる費用はばかにならない。

ツアーに出なければポイントを稼ぐことができないので、

国内だけでの遠征では済まなくなる。

当然何万円ものお金がかかるのだ。

それを支えているのはもちろんほとんどの場合「親」だ。

お金を出すスポンサーだと考えても良い。

スポンサーであればいろいろなことに口出しをする。

その最たるものは、

「強くなれないんだったら、お金はださない」

という「脅し」である。

これは結構「強力」である。

プロであったら、それを否定することはできず、

ひたすらお願いしてお金を出してもらうか、他のスポンサーを探すことになる。

それが「強くなる」ためのモチベーションにもなっている。

しかし、親となると「うっとうしい」存在であると考えてしまうのが普通である。

いろいろといわれると「感情的」になるのが当たり前なのだ。

この「感情的」になった自分をコントロールするのは大変な「忍耐力」が必要とされる。

私に言わせれば、これは「訓練」としては良い機会だと思うのであるが、

小さい頃から送り迎えが当たり前で、

言うがままにお金を出してもらうのが当たり前で育ってきて、

その成果が思うように出ないときにはお互いが「感情的」になることは避けられない。

ここに本当に必要な「忍耐力」の訓練の場があるのであるが、

それに耐えられない子は(もちろん親も)大変多い。

テニスとはこんなスポーツである。

あらゆるスポーツの中で、

もっとも「忍耐力」が必要なスポーツのひとつ

であることは分かってもらえただろうか。

だからこそ、「忍耐力ない奴は強くなれない!」のである。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう