そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

姿勢で元気(2784)

DSC_8815.jpg


姿勢をコントロールすることは覚えましたか?

その訓練をしている人は、ふと気づいたはずです。

今までとはなんとなく気持ちが違うことに・・・・・。

なんとなく、晴れ晴れとしたような、

すがすがしいような気持ちになることが多くなったでしょう。

これは、姿勢は感情のコントロールと大変深い関係があるからです。

ちょっと簡単なテストをやってみましょう。

まずは悲しい気持ちになってください。

そのときはどんな姿勢になっていますか。

次にうれしい気持ちになってみましょう。

どんな姿勢になりましたか。

その他にも、怒ったときに自分がどんな姿勢になるかを観察してみましょう。

多くの人が同じような姿勢になるはずです。

悲しいときは、頭を下げて、胸を沈めて、背中を丸くします。

うれしい時は、頭を上げて、背中がぴんと伸びてきます。

これはどんな民族であれ、人種であれ、世界共通です。

また、テニスのゲームを見ていると、

どっちが勝っているか、負けているか、

スコアを見なくても、

その人の姿勢や、歩き方、表情でわかりますよね。

このように姿勢(筋肉の働き)と感情は大変深いつながりがあるのです。

うれしい姿勢や表情をしながら、

悲しい気持ちになるように努力してみてください。

大変難しいことに気づくはずです。

姿勢によって感情がコントロールされるのです。

ミスをした時に気持ちが落ち込んで、

悲しい姿勢のままプレーをすると、

筋肉の働きが悪くなって十分に能力を発揮できる可能性は低くなります。

そんな時、胸を張って堂々とプレーするようにすると、

気分も変わって良いプレーを持続できるようになるはずです。

良い姿勢を保つ効果はこんなところに現れるのです。

良い選手はプレー中の姿勢が良い人が多いものです。

ミスをしたときほど、胸を張って次のプレーに備えるようにしてください。

訓練すると、緊張や、あがりなどメンタル面も強化され、身体感覚も向上します。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう