そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

調子の波を大きくしない工夫(2848)

DSC_1560.jpg


スポーツですから、調子の良い悪いは必ずあります。

でも、その波を小さくする方法はあります。

ひとつは、「感情」をコントロールすることです。

「感情」をコントロールするために、

「身体表現」は有効です。

ガッツポーズを取る、

脚を動かす、

深呼吸する、

声を出す、

それを実行して感情をコントロールしようと努めることです。

「感情」がなくなるようにすることではありません。

「感情」は、人間の活動のエネルギーです。

それをなくすことはできません。

嫌な「感情」も含めてです。

それをなくすように思えば思うほど、ますます感情に飲み込まれていきます。

そうではなく、

そういう「感情」が起こることを認めた上で、

それを何とかパフォーマンスの向上につなげていく方法を学ぶことが大切です。

だから、声を出せといつも強く言われます。

でも、「感情」ですから、

それをコントロールすることは難しいのです。

コーチもそれは知っていますが、

そういう訓練をすることで、

何か気づきがあることを願って叱咤します。

決して、感情的に怒ったり、

叱ったりするのではないことを覚えておいてくださいね。

もうひとつは、「作戦」を考えることです。

うまくいかない時に、

ちゃんと次の作戦を考えることが出来る人は調子の波を小さくできます。

なぜなら、

その波ではないものも新たに作り出そうとする意志や意欲があるからです。

新しいものは、うまくいかないかもしれないという不安を持っています。

でも、それを知った上で、

トライする勇気があれば、

前のがうまくいかないなんてことを気にすることはないですね。

だから、

迷いも少なく、常に前向きでいられます。

調子は悪いかもしれませんが、

それを感じないようにすることができます。

これが大切な考えかたです。

これを「思考力」と言います。

常に次を考える力のことですね。

テニスは日々進歩していきます。

時には、後退する、下手になると感じるときもあるでしょう。

でも、常に「次」を探せば、

きっとあなたの「次」はあります。

大きな調子の波に乗るチャンスかもしれませんね。

そんなチャンスがちゃんと待っていることを忘れないで下さい。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう