そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

セットボール(2853)

IMG_1249_2.jpg


この前、とあるM県の試合を観戦しに行ってきました。

この大会の14才以下、12才以下の選手は、

全国大会につながる地域大会の出場権をかけた大切な大会です。

もちろん、16才、18才以下の選手も大きな地域大会の出場をかけて懸命に戦います。

しかし、こうした大切な大会にもかかわらず、

協会主催の大会であるのにもかかわらず、

なんと、試合はセットボールで行われています。

いろいろな大会を数多く見てきましたが、

メインドローがセットボールで行われることはほとんどありませんというか、見たことはありません。

協会主催などの公式大会は言うに及ばず、

小さな、小さなローカル大会でさえ、

ちゃんとニューボールが用意されていることのほうが圧倒的に多いはずです。

はじめ、聞いた時は、何かの間違いだろうと思って、

その子に大会本部に聞きに行くように言いました。

間違いなくセットボールで行われることを確認して、呆然としましたね。

しかも、渡されるボールは、何度か使いまわされたか、

男子選手のスピンボールで傷んだか、決して良い状態のものではありません。

それを、他のボールを見比べることもなく適当に選手に渡したそうです。

そして、それは上位の地域大会で使用されるボールとは異なります。

そんなことに何の疑問を持たずに、

運営がされていることに対して大きな憤りを覚えます。

ただ順位を決めれば良いというものではありません。

子どもたちの懸命の戦いをサポートする、

それが大会を主催し、運営する側の基本的な理念であると思います。

それが通らない大会での戦いを強いられる選手は気の毒ですね。

もし、予算的に無理があるのであれば、

ボールを選手自身に用意させるというのもありでしょう。

使い古したセットボールよりも、はるかに喜んで試合を行うはずです。

詳しい事情がわからないので、

それを一方的に批判するのはどうかと思いますが、

これは、どうしても納得できるものではいです。

「じゃあ、お前がやってみろ!」と言われば、それもいいでしょう。

テニスのスタンダードに沿って、できる限りのサポートを心がけて運営します。

実際にそういう機会を与えてもらえるとは思えませんが、

多くのコーチや関係者が声を上げて、

より良い環境作りを目指していくべきではないかと思います。

その県のコーチたちには、奮起を促すべく熱く話をしました。

より良い未来のために、気合いで頑張ってください!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう