そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

テニスを愛する熱き心(2940)

IMG_1901.jpg


中学生の静岡遠征を無事に終了しました。

快く受け入れてくれたブレスガーデンの山下コーチ、尾原コーチ、佐鳴台ローンの鈴木コーチに感謝します。

IMG_1906.jpg

初日の夜に山下コーチと尾原コーチと夜中の一時過ぎまで熱く語り合いましたが

(私が一方的にしゃべりつづけたかもしれませんが・・・酒も飲めないのに・・・)、

IMG_1913.jpg

テニスを愛し、子どもたちにテニスを教える熱き心を持った人たちとの語らいは、実に楽しいものです。

翌日はちょっと寝不足でしたが、鈴木コーチともずっとテニスの話です。

尽きることはないのかと感心しますが、「思い」は次々と湧き出してきます。

彼らと話をしていると、「本当にテニスコーチになって良かった」と心から思えます。

その「思い」はきっと子どもたちにも伝わっていきますね。

IMG_1917.jpg

こうした遠征をするから強くなる、ということは言えませんが、

「思い」を強くすることで「何か」が変わることは間違いありません。

「何が、どう変わるのか?」ということも言うことはできませんが、

それを期待して行動を続けていくことが、育成に携わるコーチの使命かもしれませんね。

今回の結果は・・・でしたが、

IMG_1927.jpg

それでもめげずに続けることを目標にがんばること、それが大切だと言い聞かせます。

その「思い」をいつも高らかに持って、

ということは理想ですが、なかなか難しいものです。

でも、その「思い」を持った人達と接することで、

自分の「思い」を高め、その使命感を強くします。

私は、そんな仲間に恵まれて幸せだと思います。

IMG_1911.jpg

もちろん、子どもたちも同じで、テニスを頑張る気持ちをずっと持ち続けることは大変です。

やる気が失せたり、やめてしまおうと思うことは何度もあります。

そんな時、周りの仲間の頑張りを見て気づくことや、

負けたくないという気持ちが高まることもあるでしょう。

それが自分をテニスに向かわせる原動力になります。

IMG_1923.jpg

山下コーチとは、高校生の時からの付き合いなので、もう35年以上になります。

でも、会えば、必ずその時の話になります。

青春の思い出が鮮明に蘇ってきます。

そして、今でもその思いを持ってがんばる姿を見ると、

「自分ももっとやらねば!」の思いは強くなります。

こうやって遠征に出るのは久しぶりです。

それは、少し自分の「思い」が弱くなっていた証拠です。

それを再び高めるための機会としても、この遠征を企画しました。

自分自身の「思い」が弱くては、子どもたちの力を高めていくことはできないと思ったからです。

IMG_1910.jpg

久しぶりに、本当に久しぶりに遠征に出て、その「思い」は高まりました。

これから、その「思い」をさらに高め、

子どもたちがテニスに賭ける思いをもっと強く持って

強くなることができるようにサポートしていこうと思います。

テニスを愛する仲間の在ることに感謝します。

子どもたちが何かに気づき、強くなることを期待します。

そして、何よりも、ずっとテニスを好きでいられることを願います。

IMG_1903.jpg

本当にありがとうございました。

また機会を見つけては出かけていきます。

その時はよろしくお願いします。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
育成の子の中には、テニスは強くなりたいけど、実は大人になったときに
ダブルスでおばちゃんたちが楽しそうに各地の月例大会にでて、優勝トロフィーではなく商品をゲットして、テニスを育成でずっと続けていればその頃までには自分は究極に上達しているだろうっと、そのために育成で黙々と取り組んでる子もいると思います。子ども、特に女子はいろいろな環境で最初の目標などかわってきますが、テニスが好き、楽しみたいって気持ちはかわりません。育成ではそれがKYって子供は把握しています。親としてはまだ小6でそこまでいきついてしまった娘を見守るしかないのですが・・・。またかわるかもしれないし・・・、育成のコーチたちはそーゆう子供は除外にあたるますよねー。だから子供は強くなりたいけど育成では自分は本音を言えばKYだと思うって言っています。思春期ってむつかしいです・・・。
2014/04/22(火) 09:32 | URL | #-[ コメントの編集]
No title
子どもたちも親も色々な思いを持ってテニスに取り組んでいます。どういうアプローチが良いのかははっきりとは分かりませんが、強くなるために、上手になるために必要だと思うことをちゃんと伝えていくこと、それがコーチの仕事だと思っています。そして、子どもたちがずっとテニスが好きでいられるようになってくれれば良いですね。うまくいかない時も多い難しい仕事ですが、いつも学ぶことの大切さを忘れないように取り組んでいこうと思います。
2014/04/22(火) 09:39 | URL | 大島コーチ #7LqGW3RM[ コメントの編集]
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    に開催します!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■来年春に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう