そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

人生に大きなインパクト与える(3008)

IMG_2463.jpg


韓国遠征組は、何とか本戦の切符が手に入りそうです。

こうした海外の公式戦に参戦する時に、

一番気がかりなのは、

「果たして試合ができるだろうか?」

ということです。

大会は、参加者のリストがランキング順に振り分けられ、

本戦ダイレクトイン、予選参加者、補欠

というようにリストされていきます。

高ポイントを持っていれば、安心してエントリーということになりますが、

国際大会の経験の少ない選手は、

ポイントを持っているケースは多くはないので、「神頼み」ということになります。

まあ、ノーランキングは良くて予選、ほとんどの場合は補欠にリストされます。

そういう状態でも、航空券の確保などの問題もあって、

なかば強引にでもエントリーして大会参加に向けて準備をします。

ギリギリまで待っての航空券確保も、あまり精神的には良くはないですが、仕方ないですね。

そうやって準備をして、大変な思いをして現地まで出かけて行っても、

残念ながら大会に参加できないということはあります。

日本からエントリーする場合は、航空券の取得がありますので、損失も大きくなります。

これも、島国ですから仕方ないですね。

それに、国内では国際大会の開催数も少なく、

また、この地域では、

国内で行われるITF(国際テニス連盟)の大会の期間中に全国大会の予選が開催されて、

エントリーさえできないという情況にもあるので、

結局はリスクを負ってでも海外の大会に参加することになります。

でも、私はそれでも海外の大会にチャレンジする価値は大いにあると思います。

一番大切なことは、「そこ」にチャレンジしたという「思い」です。

リスクやプレッシャーも大きい中で、

それでも「チャレンジする!」という強い「思い」を持つということです。

今まで私が海外に連れて行った選手が、

すべてトップ選手になったわけではありません。

でも、トップになった選手は、例外なく、

海外への遠征を通じて「思い」を高めた選手です。

また、テニスに対する「思い」や「人生観」を変えた選手はたくさんいます。

大きく言えば、

子どもたちの「人生に大きなインパクト与える大切な機会」ということが言えると思います。

今回の遠征に参加した選手は、どんな「思い」を持って参加しているのでしょうか。

結果はともかく、自分がチャンレンジしたことを誇りに思って、

その「思い」を高める、そんな機会にしてほしいと思います。

焼き肉、食べすぎんなよ!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう