そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

絆(3031)

IMG_2929.jpg


先週末に、「過去の栄光会」なる会がありました。

これは、私の代と、その下の代で、

そんなに「栄光」と言えるほどのことはありませんが、

テニスを頑張っていた奴らの集まりです。

まあ、しょうもない集まりではありますが、

実は、30年も続いています。

不定期の開催であり、大したイベントもなく、

集まっては昔の話をするだけですが、

ちゃんと集まってくるのは、それは、まさに「絆」です。

私たちの時代は、スポーツを続けるということは、

それは、すなわち「理不尽に耐える」ということです。

会うと、必ずその話になります。

というよりも、ほとんど、その話しかしません(笑)。

IMG_2933.jpg

どんな理不尽かというと、書くも涙の物語ですが・・・、

夕立で雨の溜まったコートで泳がされる。

両手足縛られて先輩を見送りに行く。

反射神経のトレーニングと称して、泥池に入らされて、

上から石を投げ入れられる(避けれるわけ無いだろう!)。

真夏にコートに穴をほって、海水浴の砂埋め状態にされる。

新品の靴を履いてくると、水をかけられてサッカーのボール代わりになる

(なので、新品の靴はわざと汚してから履く・・・なんでや!)。

合宿では疲れて寝てるのいいことに、

あそこに赤ちん(知ってるかなあ?)やガムを付けられる(朝起きるとびっくり!)。

もちろん、

練習内容な指導者もいないので変なものが多い(特にトレーニングは・・・)。

練習時間は1日5分。

水は飲めず、ただボール拾いと奴隷として仕える日々・・・。

まあ、こんな感じですね。

もちろん、女の子でも、殴られることなんてのは日常的で、

男子より過激ではないとしても、相当の「忍耐力」が必要なわけです。

そして、「俺が上級生になったら、こんな理不尽なことはやめさせる!」と誓うのですが、

上級生になると倍返しです(下級生諸君、ごめん!笑)。

こうやって、「理不尽」は延々と受け継がれていきます。

1622683_707326229351971_4363166803021964422_n.jpg

それでもテニスを続けるのは、

テニスをやっているという「プライド」ですね。

「こんな苦しくてもがんばっているんだぞ!」、

「俺は他の軟弱な奴らとは違うんだ!」

という、「誇り」を胸にがんばるわけです。

だから、必然的に、連帯感のようなものが生まれ、

仲間との「絆」は深くなります。

戦場で結ばれる友情のようなものですね。

それは、世代を超え、いつまでも深く結ばれていくものです。

だから、何年も、同じ話しかしなくても、年老いても、ずっと続いていきます。

そして、「ここ」は、みんなにとって、心地良い場所になっていきます。

これが、一番の「魅力」です。

以前と同じように、過酷な状況になればいいということはありませんが、

多くの子どもたちが、テニスを通じて、

深い「絆」で結ばれる仲間と出会えるといいですね。

いつまでも続くことを願います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう