そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

意欲(3054)

DSC_1214.jpg


正月休みをゆっくりと過ごす時間もなく、

子どもたちは大会や練習会に参加しています。

こういう「意欲」を持って行動すること、

それが強くなるためには必要なことですね(^O^)/。

「意欲」とは、

「進んで何かをしようと思うこと。また、その心の働き。」

と定義されますが、

「欲」することを「意識」するようになるとも解釈できます。

この「欲」は、人間が行動を起こすためには必要なものですが、

うまくコントロールすることは難しいものです。

「これ」が大きくなると、勝ちたいという気持ちが強くなり、

練習やトレーニングに耐える力となりますが、

試合などでうまくいかないと、

勝てない「恐怖」を増大させる効果もあります。

そうなると、感情的になったり、上がりや下がりなどの状態を作り出していきます。

試合に出て、少し勝てるようになってくると、

もっと勝ちたいと思うようになって、

前までは負けても平気だった子が、負けて大泣きしたり、

楽しくて仕方ないように試合をしていた子が、

突然やる気を失くしたような試合をしたりするようになってきますが、

それは「欲」が出てきた証なのです。

時には、「びびって」何もできなくなったりもします。

そんな時に、周りで見ていると、

「何で頑張らないんだ!」とか、

「今まで何やってたんだ!」という感情が起こってきて、

やるせないような気持ちになったりしますね。

でも、そういう状態は、誰にでもあります。

子どもだけのものでもなく、

大人になってもそんなことはしょっちゅう起こります。

たくさん経験してきているにもかかわらず、

コントロールすることができないのは、

それは冷静に考えて対応できる思考を司る脳よりも、

より人間としての本能に近いところから発せられるものだからです。

私は、それを「経験」として、大切にしていこうと心がけます。

なぜなら、それが人間の行動を起こす「原動力」だからです。

だから、そういう「欲」に駆られて、

好ましくない行動を見ても感情的になることはありません。

もちろん、どうあるべきかは指導しますが、

そもそもそういう行動をしてしまう子の方が可能性が高いことを知っています。

大切なことは、そういう「経験」からいかに「学ぶ」のかということです。

この「学ぶ」ということも、「欲」から発せられる情動です。

勝ちたいと「本気」で思うのなら、

どうすればいいのかを「本気」で「考える」、

そんなきっかけとするということです。

DSC_1211.jpg

それは、残念ながら、コーチのアドバイスや、

親の叱咤激励によってもたらさせることはそれほど多くはありません。

指導する側はそれを期待しますが、

私は「大きな期待をせず、ただ必要なことを伝えていくこと」、

それが大切だと考えます。

子どもたちの「あるがまま」を受け入れ、

自分で考えて行動できるように何となくヒントを与える、

それを淡々と続けていく、

それがコーチとしてあるべき姿なのかなと思っています。

そうやって、知らず知らずのうちにたくさんの「経験」を積み、

私の想像を超える成長を見せてくれた時、

私は心から感動します。

これからもたくさんの「経験」が積めるように、

それが大切な「経験」となるように指導していこうと思います。

今年も戦いが始まりました。

子どもたちの、併せて、お父さん、お母さんの健闘を祈ります。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう