そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

負けにいく(3092)

DSC_1296.jpg


子どもたちは、

「負けることを恐れている」

と感じることが多いです。

短期勝負ばかりというのもあるでしょう。

いつも親御さんが見ているからというのもあるでしょう。

いろいろな理由がありますが、

「負けることを恐れている」と、

そこから「逃げよう」とばかり考えてしまいます。

そうすると、ますます動きや心は硬くなりますね。

どうすればいいのか、は難しい問題ですが、

太郎のチャレンジにヒントがあります。

この前、スペインに行った時に、太郎と少し話しましたが、

彼は、

「今は、自分の力を高めるために、

少しレベルの高い大会を選んで出ているので負けるのは仕方ない。

でも、そこで勝てるような力をつけるには、

今、チャレンジすべきだと考えている。」

と語ってくれました。

言葉を変えると、「負けにいく」ということです。

自分の力を高めるために、

負けるのを覚悟で戦いに行くことができるのかということですね。

そういう気持ちになると、

「恐れ」が小さくなり、

積極的なプレーが続けられる可能性は高くなります。

負けてしまった試合を反省し、

その悔しい「負けを受け入れる」よりも、

もっと積極的な「負けとの付き合い方」だと言えるかもしれません。

そんな考え方を持てるようになることは難しいことですが、

「負けることに対する考え方」を少し変えてみると面白いのではないか思います。

気合いで頑張れ!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう