そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

純粋性を持った自発性(3132)

DSC_8655.jpg


今年の夏もたくさんの合宿や遠征を行います。

それに加えて、夏休みに入ると、毎日続く朝練や試合があって、

始まる前はちょっと憂鬱な気持ちなったりします。

決して、わくわくするような、という気持ちではないですが、

子どもたちのために必要だと強く思うので、

気持ちを奮い立たせて「挑む気持ち」で計画します。

でも、要項をアップしたばかりなのに、

申し込みが早くて驚きますね。

子どもたちの「やる気」が高い証拠です。

こういう反応を見るとこちらの「やる気」も高まります。

何度も書きましたが、

「行動」を起こした者だけが成功のチャンスをつかむ可能性があります。

それを支えるのは「情熱」です。

「情熱」があり、「やる気」が根本的に高まっていなくては

「行動」を起こす力が湧いてはきません。

ある本に、

「やる気とは、自分からすすんでという自発性がもとになっているので、

金銭や賞などの報酬や外的評価が導入されると、

自律性が失われてしまうのではないかと考えられる。」

と書いてあります。

つまり、

「何かのため」にやるというのではなく、

「自分がそれをやりたい」という「自発的な意志」に支えられて

「行動」を起こさなくてはならないということです。

この「純粋性を持った自発性」は、

スポーツをやり続けていると徐々に失われていきます。

そうなると、なにか「外的なもの(報酬など)を求める気持ちが強くなり、

周りにいる者がそうした気持ちを助長する傾向も強くなってくるので、

「それ」が得られないことが続くと、

「自発的な行動」をやめてしまうケースは少なくありません。

このような「純粋性を持った自発性」を長い期間維持することは大変難しいことですが、

テニスが好き」という気持ちがあれば、

きっと「それ」は続きます。

そんな子どもたちの「情熱」が高まり、「行動力」が続くように、

今年の夏も気合いでがんばります。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう