そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

「経験」という考え方(3135)

IMG_3354.jpg


全仏オープンでの太郎の初戦は、厳しい相手となりました。

相手のレベルが高いので、勝つことは難しいかもしれません。

でも、強くなるためには、そういう相手との対戦という「経験」が必要になります。

日本の子どもたちは、そういう「考え方」ができないことが多いと思います。

ここで、太郎の言葉を思い出してみましょう。

「今はレベルの高い大会を選んで出ているので、あまり勝てないのは仕方がない。

でも、力をつけてもっと上の大会で勝てるようになるためには、

これが一番いい方法だと信じてやっています。」

ということです。

ここで大切なことは、「あまり勝てなくても仕方がない」という「考え方」です。

「勝つ」ことを優先するのではなくて、「経験」を優先するという考え方です。

この前の全国大会で、私の教え子のドロー番号は「31」でした。

昔、全国大会で4大会連続して「31」になった経験があります(呪われているんですかね・・・(笑))。

こんな時、「あ~、なんてドロー運が悪いんだ」と考えてしまうのか、

「これはいいチャレンジのチャンスだ!」と考えるのか、

では大きな違いがあります。

強い相手と戦う機会はあまり多くはありません。

そして、実際に戦ってみないとその「強さを実感」できません。

それを実感し、懸命に戦い、精一杯力を出し切ったという「経験」は、

間違いなく「成長のきっかけ」になりますね。

でも、

日本の子どもたちは、「最後の戦い」が好きなので(笑)、

どの大会も「これが◯◯才最後の試合だから」、

「これが◯学生最後の大会だから」と強く思ってしまいます。

なので、「勝つという経験(思い出?)」を強く意識します。

そういう「考え方」に縛られてしまうと、

思うように自分の力を発揮することはできないと思います。

気持ちは良く分かります。

でも、

太郎のように、「経験」することを優先するという「考え方」、

「勝てなくても仕方がない」と(開き直って)チャレンジするという「考え方」、

のほうが大切なんじゃないでしょうか。

そういう意味で、今大会の対戦は、とても大切な「経験」になると思います。

きっと、太郎もそう考えていると思います。

そうやってこれからもたくさんの「経験」を積んで、

いつの日か、大きな舞台で花開くことを願っています。

それが今回の全仏でオープンであったなら、それはそれはすごいことですね。

こうやって「夢」を見ることができる、やっぱりテニスコーチはいい仕事だなあ。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう