そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

日本人らしさ(3151)

DSC_9529.jpg


私が教えている子どもたちは、本当に真面目で良い子が多いです。

ミーティングなんかでも、ちゃんと私の話を聞いてくれます(多分、真剣に・・・(笑))。

昨年の冬のキャンプでお手伝いに来てくれたスティーブは、

プロジェクターの設定に少し戸惑って時間がかかった時に、

ふざけたり、はしゃぎ回る子どもがひとりもいないことに驚いていました。

アメリカでは考えられないそうです。

そう言えば、私が初めてアメリカに遠征に行った時、

ニューヨークのホテルで遅刻した女の子たちを並ばせて説教し終わった後、

ある野球部のコーチが寄ってきて、

「あなたは素晴らしい指導者だ。

私は30年以上野球を教えているが、

こんな風に子どもたちをコントロールすることは不可能だ。

君は本当に素晴らしい!」

と両手を握って感動を伝えてくれたことを思い出します。

こういうことができるのは、もちろん私の指導力が優れているからです(笑)。

本当は、日本人の「気質」に起因することのほうが大きいですね。

東日本大震災の時、家も何もかも失った人々が、

文句ひとつ言わずに炊き出しや配給の列に並ぶ姿がニュースに取り上げられ、

各国で賞賛されました。こうした素晴らしい「気質」が日本人にはあるということです。

しかし、「それ」がスポーツでの「戦いの場」ではマイナスになることもあります。

「ちょっとおとなしすぎる」とか、

「ファイトできない」と言われるように、

少し控えめで、自己表現がうまくできない「気質」が、

「戦いの場」では相手を有利にするというものです。

確かにそういう側面はありますね。

でも、「日本人らしさ」(という力)は、

武道の鍛錬の系図として脈々と受け継がれてきた、

「内なる闘志」とか、「静かなる攻め」と言われるような雰囲気の中にこそ

発揮されるものかもしれません。

そんな「らしさ」を失わず、

自分の持っている力を発揮できるような練習ができればいいですね。

うまく引き出すことができるように指導していこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう