そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

段取りとひらめき(3152)

DSC_9274.jpg


「段取り」をきちんとやって、落ち度がないように事を進めることは大切です。

でも、こうやって書くブログも、ずっと前から準備をして、何度か推敲し、

いつでもアップできるように準備をして投稿した記事よりも、

その日の朝に、思いつくままに書き綴った文章の方がうまく書けたりします。

次の文の「ひらめき」もあるので、頭の中がよく働いているような気もします。

授業やキャンプも同じで、そういう「その場の対応力」のようなものは大事です。

一応、ある程度の「段取り」はつけておきます。

何もないと「不安」が大きいからです。

これはテニスでは、試合前に「作戦」を立てたりするのに似ています。

しかし、

この「段取り」がない「不安」、「段取り」通りに行かない「混乱」は、

人の能力を引き出すきっかけになります。

ちょっとの「不安」やちょっとの「混乱」は、

そういう状態を回避しようと脳が一生懸命働くということですね。

なので、

そういう時の方がいい授業ができたり、

キャンプでのマネージメントがスムースに行ったりします。

そう考えるので、私は授業の準備を「完璧」にはやりません。

毎年のようにまったく同じ、ということもありません。

その時、話をしているうちに「思いついたこと」を話そうと決めているからです。

シラバスといって、授業の概要をまとめて、

学生が閲覧できるようになっている内容と大きく授業内容が違うこともあって、

学生さんが戸惑うこともあります(すみません!(笑))。

テニスでは、瞬間の「判断力」が冴え、

無理なく相手を追い込む状況が作れたり、

「自分のペース」を作るれるようになったりします。

最初に立てた「作戦」とは違うけれど、なんとなく上手くいく、

というのはこんな感じですね。

「作戦(=段取り)」通りではないけれど、

それがうまく行かなかった時に引き出される「ひらめき」、

これが「対応力」を高め、勝つチャンスを大きくします。

大切なことは、うまくいかない時に、開き直って、

「何かをやってみる」という「勇気」です。

そういうことができる選手は、

決してメンタルが強いわけではありません。

「何かしなくちゃ」と考えた時に、頭の中に「ひらめき」があって、

それをちょっとの「勇気」を持ってやっていくことができるということです。

そんな「ひらめき」のあるプレーができる選手に成長してほしいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう